数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かみ合ってなにのは実は・・・
2017年04月15日 (土) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 話しがかみ合ってないのは実は私たちだった  』です。
では、本日もブツブツつぶやきます

皆さんはこんな経験ないでしょうか?

利用者さんと話をしていると話のつじつまが合わない・・・

例えば
『ここは、仕事場だね。さて仕事をしよう。』

『いいえ、違いますよ』

『なんで、ほら、みんないるじゃない。私も仕事をしないと』

『まあまぁ、お茶でも飲んでゆっくりしてください』

全く話がかみ合っていまっせんね。
話をきく

話しをよくよく聞いて対応したとします
しかし記録には
『話が合わない』
『つじつまの合わないこと話をされる』
となってしまいませんか?

利用者さんは、ここは仕事場だと思っているのです。
しかし職員さんは違うと言っているのです。
職員さんからすれば、またあの人は、訳のわからないこと言ってるよ・・・
なやむ

しかし利用者さんからすれば、この人私の言っていること、こんなこともわからない人なんだ・・・
あの人わかってない
と、思っているのかもしれませんね。

しかしよ~く考えみましょう。
利用者さんは認知症を患っています。
利用者さんにとっては、そこは仕事場なのです。
そして仕事をしようと思っているのです。
利用者さんはどのような内的体験をされているのでしょうか?
そして、そこは仕事場なのです。
だから
『ここは仕事場だね。さて仕事をしよう』

そこで職員がいうのです。
『いいえ、違いますよ』
『まあまぁ、お茶でも飲んでゆっくりしてください』

いかがですか?
実は話がかみ合ってないのは、職員さんではないでしょうか?

こんな視点を持つと
もっと認知症介護について勉強してみよう!
なぜそのようになったのだろう?
考えるきっかけになるのではないでしょうか?

そうすると記録には
『話が合わない』
『つじつまの合わないこと話をされる』
という内容に変化が見られるかもしれません。

もちろん対応も変わってくるでしょう。
そして
色々な相乗効果が生まれてくるのではないでしょうか?
きづき
気付きも生まれてくるかもです。

私(寿老人)ですか?
いつもぶつぶつ言ってます。
話しのつじつまが合う・合わないといううより
かなり問題かも・・・

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。