数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
介護サービス事業所を選ぶ際に・・・①
2015年11月13日 (金) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『介護サービス事業所を選ぶ際に活用する簡単な判断基準 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

この前、
専門性が先走り、そこに事業所の言い訳ともとれる都合が重なってしまうとそれは最悪。
サービスも多様化し、事業所はあふれるばかり。
そろそろすみわけられる時期かもしれませんね。
義母が介護サービス事業所を探しに行ったお話をしました。
今日は、その見学を通して感じた事や義母の言動等を参考に
『 介護サービス事業所を選ぶ際に活用する簡単な判断基準 』
としてまとめて見ました

それを
1:『 事業所に着いた時(見学前) 』
2:『 事業所見学時(ハード面) 』
3:『 事業所見学時(職員面) 』
4:『 事業所見学時(利用者面) 』
に分けてみました。

簡単な判断基準ですので
それぞれ10項目しかありません。

今日はその1つめ
1:『 事業所に着いた時(見学前) 』です。

①事業所の外観と内部の第一印象の差
 外観が綺麗な施設は沢山あります。しかし中に入るとその印象とは全く違う場
 合があります。第一印象は大切にしましょう。

②訪問した時、職員さんはすぐ対応してくれるか
 気配り目配りの利く事業所はすぐに対応してくれます。要はよく利用者様をみ
 ているということです。

③履き替えが必要な場合下駄箱は整理されているか
 お客様への心遣いがされているかということです。においもです。

④見学の際に通された場所は整理整頓されているか
 ここは大事ですね。事業所の中身が見えます。また事業所の利用者様に対す
 る姿勢も見える場合があります。そんなところが片付けられていなければ、生
 活空間なんて片付けられませんね。

⑤笑顔で対応できているか
 笑顔の有無も大切なのですが、要はその笑顔に余裕があるかどうかなので
 す。

⑥臭い
 ③でもすこし触れましたが臭い。これも大切ですね。
 私たちは臭いというとすぐに「排泄介助後の臭い」を想像してしまいます。
 しかし利用者様にとって大切なのは、良い意味で生活臭が自分に合っている
 かということです。
 もちろん排泄介助後の臭いが漂ってないか等も大切です。

⑦責任者が・・・管理者が・・・
 せっかく施設見学いったのですが、対応した職員が「責任者がいなくって…」
 や「管理者がいなくって…」等々言いながら何を聞いてもはっきりしない対応
 で終わってしまう。何のために見学に行ったのか・・・という結果になってしま
 う。そのような事業所は、体制が整っていなかったり、無責任な対応が存在
 する危険性があるということです。

⑧見学にきているのに、見学以外のことを色々聞かれないか
 見学の対応をしてくれるのはよいのですが、こちらの目的は見学です。それ
 なのに、何歳ですか?介護認定は?どのような病気で?認知症は?など色
 々ときいてくるところがあります。これは見学者からすると、そこですでにふる
 いに掛けられている(事業所の都合で利用者を選んでいる)ような感じがしま
 す。

⑨対応してくれる職員はだれに対して話をしているか
 本人と家族が見学に行ったとします。対応してくれる職員はだれにたいして説
 明をしているのでしょうか?質問者や内容によっては本人、家族、その両方と
 いうことが想定されます。本人の頭の上で職員と家族の会話が飛び交うなん
 て最悪です。利用するのは本人です。職員教育ができていない可能性があり
 ます。

⑩最後に、自己責任でネット等で情報収集そして事業所へ
 ネットなで検索しましょう!しかしホームページはきれいな写真ばかりです。内
 容を吟味して、見学に行きましょう!第一印象の内容にも結びつくでしょう!

今日は『 事業所に着いた時(見学前) 』についてお話をしました。
次回は『 事業所の見学時(ハード面) 』についてお伝えします。

私(寿老人)ですか?
こうしてお話しているうちに部屋の隅っこで小さくなっています…

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


スポンサーサイト