数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
おむつの情報
2015年07月03日 (金) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は 『おむつの情報 』です
本日もブツブツつぶやきます。よろしくお願いします。

さて、私たちは介護の仕事をしていると『オムツ』のことについて
知っておきたい・知っておく情報が山盛りあります。
今日はその1つ。
ちゃんとオムツの袋の情報(吸収量やサイズ)をみていますか?です。

色々な情報が載っています。
そのメーカーのサイズと吸収量の目安
保管上の注意
おむつカバーやパッドの使い方
処理方法
捨て方
腰回りやお尻周りのサイズを参考にした商品のサイズ
素材
抗菌剤の種類

事業所でオムツの情報となるとその『単価』とこの人はこれくらいの『サイズ』で・・・
と言ったことが主流でしょう。
しかし、それだけでよいのでしょうか?

その商品(おむつカバーやパッド)の特性を知っておくことは介護の仕事をしている以上欠かせません。
情報として表示してある内容はプロとしてこの商品はこんな商品だという事を知っておく必要があるのです。
逆に知らないまんま使用している方がおかしいんじゃないかと思うのです。
知っているのなら、その特性を十分活かす方法を考えなければなりません。
そして快適性をみんなで話し合って追求していくのです。

単価もそうです。
事業所がどこかの業者に搬入してもらっていたら
どんな経緯で、いつ・だれが・どんな時・どのように搬入され、だれがそれを確認して、支払いまでどうなっているのかまで。
しかし、単価(コスト)ばかり気にしていると、一時は減りますがそのほとんどの場合もとに戻るか最悪取り組む前のコストより高くなっていることがあります。

ちょっと話はズレますが、事業所の事務職員が利用者の様子をしらないといけないのと同じことです。
事業所の事務職員は一番にお客様(利用者の家族の確立が高い)に会う機会が多いのです。
その時にちゃんと挨拶と利用者さまのことが一言でも話ができるようにしておく必要があります。

介護職員さんもそこは同じ。
私たちは現場だから・・・では通用しないのです。

いかがですか?
一度、自分達が使用しているオムツの情報を収集してみては?
きっと何かが変わるハズ!!!

寿老人のつぶやき・・・をみんなに伝えてみませんか?

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。




スポンサーサイト