数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
本当の入浴
2015年03月29日 (日) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『 本当の入浴 』です
本日もブツブツつぶやきます。

以前入浴介助の躾で少しお話したことがあります(緑文字は入浴介助の躾にリンクしています)。
それは、入浴介助って何?から、ちゃんとした入浴介助ができるまでのお話でした。

今日はそれ以前のお話です。
今日はお泊りが出来たり、入居型の事業所のお話に近い形になってしましますが・・・。

では。
ユニットケアの勘違い・・・
利用者さまの希望をできるだけ聞いて、今あるハードを出来るだけ活用して、入浴スタイルや習慣にあわせるように頑張ります。しかしそれが本当なのでしょうか?

私(寿老人)が入浴介助を受けるとしたら
育ってきた環境や現在に至るまでその時代時代の入浴スタイルの歴を聞いてほしい
なぜか?って。今のスタイルは過去から継続して作られてきたから。
それを踏まえて自分の入浴に対する考え方を聞いてほしい
夜勤等の経験もあるのでいつも入浴はしない
シャワーの時もあれば浴槽に浸かることもある
ぬるいお湯につかって大きなため息をついて副交感神経優位の状態でひらめきを待ちたい
ときには、人生この先どうなるのかな?と考えを巡らせたい
熱いお湯につかって、冷えたビールに備えたい
早く入浴してから、ゆっくり酒を飲みながらの夕食にしたい
等々
女性の方であればもっともっとあるかもしれませんね。

そう!実は入浴したい時間は一定ではなくて
介助方法をこうしてほしいという技術的なことではなくて
それは小さい頃から経験してきた事実や職業までが影響して
入浴したい(したくなる)気持ちに左右されることが多くて
温度や時間、スタイルまでも変わってきたりするのです。


大変な利用者だなぁ~と思われるかもしれませんが、
みなさん、自分の入浴を考えてみてください。
私(寿老人)のような色々な入浴をされている方けっこういるのではないでしょうか?
そんな事ないよ~、って言う方もことば(文字)として挙げてみると結構こだわりが多いことに気が付きますよ!
私(寿老人)とは逆に、『入浴はこうでないと!』と言う方もいると思います。

入浴介助のチェック項目と特記だけでは足りないのは明らかですよね。
技術的な勉強も大切です。
事業所で入浴についてどのように考え、どうのように活動すればよいのか迷っている方がいらっしゃいましたら、こんな考え方も参考にしていただければと思います。
そうすると、いままでの『ユニットケアにおける入浴の勘違い』が少しずつみえてくるのではないでしょうか?

私(寿老人)ですか?
遠慮がちに書いたのですが、結構こだわり多いですね・・・

介護って幅も広いし奥も深い
そしてその場の状況で対応もかわってきます。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。




スポンサーサイト