数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
気付きをメモに!
2015年01月25日 (日) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『気付きをすぐにメモしよう! 』です。
本日もブツブツつぶやきます。

日々忙しいなか働いていると、ふとした時に
『これ、こんな感じにした方がもっと良いのになぁ』や、
『この方は、何でこうなってるんやろう…こうした方が良いんちゃうん??』等
思った事ありませんか?

そう!これが現場では大切なんです!
あッ、そうや!とひらめいた時!
この時、この場面で気づいた事!
この気付きやひらめきはなんでも良いのですぐにメモしましょう!!

なぜか!!!
その大切な気付きは、記憶より記録として残っているので現場に活かしやすいからです。
そして、すぐにメモにしないとその大切な気づきを忘れてしますからです。

人間の脳の「忘れるしくみ」について、心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれたエビングハウスの忘却曲線(ぼうきゃくきょくせん)というのがあるそうです。それによると、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後77%、1ケ月後79%が忘れてしまうということらしいです。

現場で生まれ気付きですからね、大切にしたいですよね!
そしてもっと大切なのが、その気づきに意味づけをしっかりやってみよう!です。
ケアに対する思いや感情も大切ですが、意味づけをすることによって、曖昧なケアから根拠のあるケアにつながります。

例えば私(寿老人)が『気付きに意味づけする』という内容にしたらこうなります。
『毎日忙しく介護現場にいると、イライラしたりストレスが溜まったりします(この状態を交感神経優位な状態といいます)。しかし、気付きやひらめき、直感が高まる時人間は休息やリラックスしている時が多いそうです(この状態を副交感神経優位な状態といいます)。毎日忙しい現場で何らかの気付きが生まれる時には、リラックスして気持ちにもゆとりがある、優しくかつ冷静に利用者さまを見ることができている。そんな気付きを大切に具体的ケアに活かしたいから気づきに意味づけをする。』
という感じになります。

現場で生まれた気付きは、
①すぐにメモ(記録)をする。
②記憶より記録として残っているので現場に活かしやすい。
③具体的に活かすため気付きに意味付けをする。

いかがでしたか?明日から気付きをメモ(記録)してみては?

私(寿老人)ですか?
偉そうでことを言っておりますが、気付きの多くは風呂場でお湯につかりながら 『 あ゛ぁ~ 』 と言っている時です(副交感神経優位)。なかなか記録に残せません・・・・。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。




スポンサーサイト