数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入浴介護の躾
2014年11月24日 (月) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、
『 入浴介助の躾、っておおげさですが・・・(^^; 』
です。
本日もブツブツつぶやきます。

以前、『雑用の大切さ』でお話した内容があります。
これ

①仕事の選別ができるようになり
②仕事の整理整頓ができるようになり
③仕事に欠かせない重要な部分(大切な底辺)の理解できる(もしくは見える)ようになり
④次の仕事を考えながら行えるようになり
⑤チームワークを考えることができるようになり
⑥利用者さまへの気付きや配慮ができるようになり
⑦上記を順に理解することで、ケアの大切がわかるようになり
⑧ちゃんとした介護ができる職員になれる!!

雑用ではないのですが、入浴介助に置き換えてみました。

①単純に、入浴介助って何?って考えるようになり(とりあえず単純に考えてみるでも良い)
②考える事によって、入浴に対する考えや環境等の整理・整頓ができるようになり
③入浴に欠かせない重要な部分(大切な底辺)の理解ができる(もしくは見える)ようになり
④次の仕事(入浴介助後は利用者に良くも悪くもどんな影響を与えるか)を考えながら行えるようになり
⑤チームワーク(そのためにみんなでどうしたら良いか考える)を考えることができるようになり
⑥利用者さまの入浴介助への気付きや配慮ができるようになり
⑦上記を順に理解することで、入浴介助の大切さがわかるようになり
⑧ちゃんとした入浴介助ができる職員になれる

そして、最悪な現場は、早くできる事が 『良し!』とされ
地道に仕事をしている職員は『 あの人遅いし、丁寧が良いって訳じゃないのよね!』と言われ
結局、仕事が早いとされる職員さんが幅をきかす・・・
って言う事もなくなってきますよね!!

置き換えられるやん!
われながら素晴らしい!!って思ったりして・・・(^^;

私(寿老人)ですか?
たまにはこうして自分を褒めておかないと・・・(^^;

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。