数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
これがないと!そしてその後は・・・
2016年04月24日 (日) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『これがないと、業務改善はできません。そしてその後は具体例を1つずつアップしていきます 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

業務改善という言葉は聞き飽きるくらいだと思います。
いつか?どこか?で話したかもしれませんが・・・
業務改善とケアの改善は違うということを前提につぶやきます。
業務と言うにはケアに関連する前工程(準備等)や後工程(後始末等)のことです。
ということは、
ケアの改善と業務の改善は一緒にしたら上手くいかないことは明らかです。

ケアの改善は介護過程が主になってくるのでしょうか?
ケアに関する色々な視点からの専門性も求められると思います。
寿老人のつぶやきではまだまだ不十分ですが
それぞれのカテゴリーを参考にして下さい。


では業務改善はどうしたら良いのかということですが・・・

まずは『 何でこの業務がこうなっているのか考える 』ということです。
他の職員さんに聞いてもほとんどの人が応えられません・・・
帰ってくる答えと言えば
『 前からそうだったし・・・ 』や
『 わたしが来たときには・・・ 』等々の応えが殆どで、

『 何とかしたくないですか? 』と聞くと
『 ・・・何とかしたいけど・・・ 』や
『 そうですね・・・ 』
と何か的を得ない応えが多く・・・

そのくせ 『業務が忙しい・・・』なのです。

なんかおかしくないですか?
そしてそんな経験ありませんか?

要は、業務というのはケアに関連する大事な前工程や後工程でなのに
職員さんは曖昧であるということです。
なので、
『ここはおかしいぞ!』
『ここは変えたほうがいいぞ』
おもうところは一度周りの職員さんに
『なんでこうなってるの?」
と聞いてみて変えたほうが良いのです。

しかしそこで押さえておきたいのは、ちゃんと根拠(理由)があるとこいことです!
根拠(理由)がないとまた曖昧になってきます。
そして、変えた事に関して後で検証できるようにちゃんとルールを作って守る仕組みを作るという事です。

まとめると!
1、『ここはおかしいぞ』と思うところは、一度周りの職員さんに聞いてみる
2、聞いてみて曖昧な応えが多いということは、その業務には曖昧であるということ
3、自分がその業務を変える時は、根拠を持つこと
4、変えた業務にはルールと仕組みをつくること
です。

そして、具体例を挙げていきます。

昨日は畑でしたが、
宿直明けでそのまま直行したため写真も撮れず、
そして急なにも会い、さんざんでした。
また畑仕事もアップしていきます。
ちなみに昨日は、トマト・なすび等夏野菜を植えてきました。


寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。






スポンサーサイト