数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
どう伝えたかより、どう伝わったか
2016年03月12日 (土) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『どう伝えたかより、どう伝わったか 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

先日、グループホーム協議会より研修の依頼をいただき2コマ担当をさせていただきました。
対象者はリーダークラスの方たち。

反応は色々です。
受講生の反応を逃す事はできません。
反応が良いと一体感がうまれますが、
反応が悪いとそうはいきません。

懸命に伝えたとしても、
反応が悪ければ
それは自分自身の一方的な伝え方、
自己満足でしかないように感じます。
それは、
受講していただいている方にとっては
「どうでもいい話」になっているのです。

そして、伝えた内容が1つでも
受講生によって反応は色々です。

受講生の皆様は
自分が伝えた言葉や
それに伴う自分の動作(しぐさなど含む)に
反応をして下さっているからです。

受講生にはどのようなニーズがあり
伝える側はいかに伝えるか!
そしてどう伝わったか。
研修でお話しをさせていただく都度
振り返りをするようにしています。

介護の場面でも同じだと思います。
自分が懸命にやっていたとしても
それは、利用者にとって良いこともあれば
そうではないこともありまります。

私(寿老人)ですか?
振り返れば、振り返るほど
反省のアリジゴクから抜け出せません・・・・

最近ブログを更新する都度←この絵文字が増えてくるばかりです・・・。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。





スポンサーサイト