数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も会議・・・
2014年09月25日 (木) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『 あぁ~ッ、今日も会議かぁ~、、、 』
です。
本日もブツブツつぶやきます。

日々介護の現場で忙しく追われていると、ついつい会議については億劫になってしまいます。
その会議の多くは、日勤帯が終ってから開催される場合が多いのではないでしょうか?

みんなが集まり、会議をおこなうにはかなりの労力と時間を要します。

会議前には、日勤帯の仕事もようやく終えた後で、夜勤者明けの職員は夕方から出てくるのです。
『 あぁ~ッ、今日も会議かぁ~、、、今日は何の会議やったっけ? 』

会議の最中には、 『 あてもなくとりとめのない話が続き・・・・・ 』

会議が終ると、 『あぁ~、終わった、終わった、今日も疲れたなぁ~、、、』

と言う状況が少なからずありませんか?

そこでこんな会議は如何でしょうか(^^;


会議の前
全ての会議の整理をしましょう!本当に必要な会議なのか?本当にやらなくてはいけないのか?定期的なのか?不定期なのか?会議をおこなう事で効果はあるのか?等々。こうして見ていくと、不必要な会議があります。それは開催しなくても良かった会議かもしれません。そして、定期的なのか、数か月おきで良いのか等も整理されます。これらが整理されると後は年間計画に入れれば良いだけで、必要な会議が計画的にできます。
どんな会議でも使用できる書式を決めておきましょう!会議の応じてあれも、これもと書式があると回覧する時にわからなくなります。
書式の内容は、日時、参加者等は当たり前に、会議の内容(〇〇会議)、報告事項、検討事項、その他(残された課題等)と最低これくらいあれば良いと思います。あとは必要に応じて。
報告事項は、担当者があらかじめ情報の収集をしてまとめておきましょう。
検討事項は、できるだけ具体的にしておきましょう。そして、会議の前にできるだけ具体的に参加者に伝え、意見を聞いておきましょう。できれば、この検討事項についてはあなたに発言をお願いします、とあらかじめ伝えておくのも良いかもしれませんね。

会議中は
おわる時間を決め、みんなで確認しましょう。
横道にそれないようにしましょう。介護に関する思いや曖昧な内容で横道にそれる事があります。一言「そうですね」や「ありがとう」等いやな気分にならないように添えて、本題にもどしましょう。
報告事項は淡々と報告していきましょう。
検討事項は、あらかじめ発言をお願いしていた人にお願いしましょう。
時間がきたら終わりましょう。
時間内にできなかった事は、その他残された課題として次回までの検討事項にしておき、それまでに意見を聞いてまとめておきましょう。

会議後
①あらかじめ決められた書式に報告事項・検討事項・残された課題を記録しましょう。
②回覧しましょう。自事業所の応じて。

最後に
会議は準備が7割と言われることもあります。上記文章を見ていただいても準備の内容が多いです。
一度お試しください。どこかで効果があらわれるかも


みんなの意見が出やすいようにすることには気をつかいましょう。
上記だけでも、
2時間かかっていた会議が30分になったり、
1時間かかっていた会議が40分になったり、
書式が統一され、見やすくなったり、
必要・不必要な会議が整理出来たり、
等々色々ありますよ(^^

なぜ、こんなクドクドお伝えするかっていわれますと…?
授業や介護福祉士の試験では、教えてくれないのです…。

そして最後に
『 あぁ~ッ、今日も会議かぁ~、、、今日は何の会議やったっけ? 』

『今日は○○会議か!』

『 あてもなくとりとめのない話が続き・・・・・ 』

『実情の応じた報告事項がこれ、検討事項はこれ!』

『あぁ~、終わった、終わった、今日も疲れたなぁ~、、、』

『最近、早く終るようになってきたよね』

となるかもしれません

僕(寿老人)ですか?
最近、疲れが溜まり、自分の予定もわからなくなってきています・・・・(^^;
はい。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。