数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護現場の3ナイ(やれない・できない・やらない)・・・・・・・
2014年09月22日 (月) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、
『 介護現場の3ナイ(やれない・できない・やらない)理由の憶測禁止! 』
です。
本日もブツブツつぶやきます。

朝夕涼しくなって、少しは過ごしやすくなってきましたね。
みなさんいかがおすごしですか?

毎日毎日忙しい介護現場にいると、色々な気持ちがありながら、日々の業務に流されてしまうものです。
そして、「あれをしたいなぁ~」 「これをしたいなぁ~」 と思ってても、ついつい周りに気をつかってしまい、やりたいことがあっても先に「やれない理由」をみつけてしまいます。
これって、介護職員の性なのでしょうか?
本当に「やれない」のでしょうか?
理由はいくつかあると思います。

1、やりたい事があっても、あの人がこう言うからやれない・・・
2、やろうと思っても、だれもやった事がないからできない・・・
3、協力してもらえる人がいるのだろうか?と不安に思い、今のままで問題ないからやらない・・・

と言った感じの事が多いのではないでしょうか?
いかがですか?みなさんの現場では・・・
では、これをどのようにやっていけばよいのでしょう???

1、やりたいことをあげてみよう!いくつか、もしくはいくつもあがってくるかもしれません。現実的に無理をせず、やれそうなことからやってみる事にしましょう!(マトリックス図なんかを使うと客観的に見えてよいかもです)。

2、やりたい事があっても、だれもやった事がなければ、勇気をもってやってみよう!なぜなら、 『 誰もやった事がない事は前例がないという事なので、失敗事例がない 』 と言うことです。少しでもうまくいけばそれは小さな成功体験になり、自信につながります!そして、仮にうまくいかなかったとしても、 『 うまくいかなかった事があらたな発見 』 となります。その発見を振り返ることが大切です。どこが原因でうまくいかなかったのか、なぜうまくいかなかったのかがわかり、次のやりたい事へつながります。くどいようですが、 『うまくいかなかっても、それは前例がない事であれば、少なくても失敗ではない 』 と言うことです!

3、協力してもらえる人がいるのか心配な時は、あらかじめ根回しをしていきましょう!自分の 『 介護への熱い思い 』 は必ずわかってくれる人がいます!熱い思いの仲間を増やすのです!!急ぐ必要はないと思います。熱い思いは必ず感染・伝染します(^^)

3ナイ(やれない・できない・やらない)の憶測をして、日々モンモンとするよりも、やりたい事を具体的に思い浮べ、やっていく方が楽しくないですか(^^)

ここで孔子の言葉をご紹介します。
徳は孤ならず、必ず隣あり
孔子はこのように言われたそうです。
『 徳の備わっている人は孤立することはない。必ず仲間がいる! 』
ちなみに『徳』とは、『まっすぐな正直・素直な心で…』と言う意味があるそうです。

そうです!私達みんなのやりたい事は利用者さまのために色々考えている事、それが『徳』だとおもいませんか

僕(寿老人)ですか?
10代、20代の頃にもっと、 『 徳 』 を重ねておけば…と後悔をする毎日です

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。