数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
よくできました!
2017年02月04日 (土) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 よくできました!  』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

なかなか更新できませんが・・・

皆さま節分はいかがでしたか?
そして今日は立春です。

豆まきしましたか?

寿老人の事業所もしました。
そしてもちろん私は鬼役です。

おおいに盛り上がりました。

そして最後に、入居者から
「上出来でした。あっはっは!」


さて、この入居者の言葉、みなさんはどのいように捉えますか?
認知症の入居者は、
・満足された
・楽しかった
・鬼の役お疲れさま
等々色々あると思います。

行事等おこなうと反省会等されることがあると思います。
その際、
職員の思い込み反省(楽しんでいただけたと思う)
準備反省(もう少し早くら計画すれば)
とりあえず反省(こうすれば、そうすれば良かった)
色々な反省があると思います。

しかしよく抜けるのが、利用者の本意はどうか!です。
利用者のことばをどのように捉えるか!
行事にも好き嫌いがあります。代替えはどうだったか!
実はここが一番大切なのだと思います。

漠然と行事を行っているととりあえず反省になります。
なんのために行っているかを考えると利用者の本意に近くなるのではないかと思います。

私(寿老人)ですか?
慣れや定期行事やとりあえず行事
しないといけない行事等々本当は嫌いなのです。
職員よがりが多くって・・・
寿老人、まだまだ修行がたりません・・・

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。






スポンサーサイト