数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分なりの置き方(食器の位置)がある
2016年11月30日 (水) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『自分なりの置き方(食器の位置)がある 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。


食事をする前に
みんなそれぞれ、食べ方もあると思いますが、自分なりの置き方(食器の位置)があると思いませんか?

専門職になればなるほど、その方の自分なりの置き方が無視される傾向にあります。
『この人は麻痺だから・・・』とか、
『その人は認知症があるから手元に置かないで、ごちゃごちゃにしてしまうから』とか。

では、実際に・・・
ご飯やお汁を入れた食器を配膳用のお盆に並べて配ってみましょう。
配膳後、みんな同じように配膳されていなか、明日からでも良いので、一度見渡してみて下さい。

そして、その後が大事なのです。
きっとそっと器を置き換えている方がいるのです。
その置き換えが、自分なりの置き方なのです。

ほな、はじめからその人にあった自分なりの置き方(食器の位置)で配膳をすれば良いのか!
と言うと、そうではないのです。

要は、その人がおいしく食べられるスタイルがある、と言うことが大切なのです。
専門職としては、その視点を見失ってはいけないという事が大切ではないでしょうか?

ついつい正解を求めてしまいますが、その正解は利用者さまが持っていると思います。
意思表示ができない方もいます。
その正解(勝手)を見つけ出すののが(プロセス含む)、正解への道標ではないでしょうか?

こんな視点がプロとして介護に携わる方のセンスを磨きあげるのです!


みなさんが定食屋やレストランに行った時、配膳された通り食べる人もいれば、器を置き換えて食べる人もいると思います。

認知症を患っている方は職員が発したその言葉・・・
『その人は認知症があるから手元に置かないで、ごちゃごちゃにしてしまうから』
しっかりと聞かれていますよ!

寿老人ですか?
「私の場合は、メニューによって色々、ちなみに好きなものから食べます、はい。」
そして、明日からも、食事の出し方に悩むのです・・・・・(^^;

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。