数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんなで認知症ケアのリスクを考えよう!②
2016年08月22日 (月) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 認知症の人の生活上のリスクについて  』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

前回は『認知症ケアのリククマネジメント』についてお話をしました。
認知症を理解している(自責:しようとする)事を前提とする危機管理
そんなことだったと思います。

さて今日は、『認知症の人の生活上のリスクです』
主に介護事業所における話にかたよってしまいます。

さて、介護事業所にお勤めの皆様は認知症の人の生活のリスクと聞いてどんな事を考えますか?

シンキング・・・・






はい、ありがとうございました。
こんな感じでしょうか?例えば・・・

転倒        脱水
転落        感染
トラブル      焦燥
暴言        伝えたいけど伝えられない
暴力        不安感
等でしょうか?

単純に並べると『あぁ~そうかぁ』となってしまいますが
よ~く見ると、
左は顕在的 』で
右は潜在的
リスクです。

そうなんです、私たち介護職員は、見えるリスクと見えないリスクがあることを
理解する必用があるのです!!


では、上のリスクが生活に及ぼす影響ってどんなことがあるでしょうか

シンキング…






続きは次回に・・・・

次回は、
『認知症の人の生活のリスクが生活に及ぼす影響について』
考えてみたいと思います。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。