数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
爪切りでの話
2016年03月27日 (日) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『爪切りので話 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

この前利用者さまの爪切りをしていました。
爪切りについては、以前 『 爪の話です 』 で少し触れたことがあります。

今日は私(寿老人)が利用者さまの爪切りをしていた時の一場面を切り取ってお伝えしたいと思います。

いつものように、『爪を切りませんか?』と利用者さまに声を掛け爪切りをしていました。

そんな時、ある利用者さま(ショートステイ)からこのように言われたのです。
『にいさん、爪を着る時は親指からにしてや』と。
親指から切る・小指から切るなど気にはしていなかったのですが・・・。

夜に爪切ったら『親の死にめに会えない』とか
夜に口笛を吹けば『ヘビが出る』とか
そんなこと聴いた事があったのですが、
『爪を切るときは親指から』と言うのははじめて聞きました。

さて、その利用者さまは何て言われたのでしょうか?
皆さんも一緒に考えてみて下さい。






さて、一場面に戻ります。
私:『爪を切りませんか?』
利:『にいさん、爪を着る時は親指からにしてや』
私:『なんでですか?』
利:『子どもから先に亡くなったらあかんからや、親から亡くなるのが順番や』
私:『おぉ~、なるほど知らなかったです』
利:『そんな事もしらんかったんか』
私:『勉強になりました。ありがとうございます』

そして、近くにいた利用者さまが
『私も知らんかった。お兄さん勉強になったなぁ』
ショートステイの利用者さんへ
『奥さん、そんなことよう知ってますね。にいさんも私も勉強になったわ』
ショートの利用者さんが
『あら、そら良かったわぁ、ワッハッハッハ~
そして会話は広がっていったのです


帰ってからネットで調べてみました。
『親の死に目会えない』や
『夜に口笛を吹くとヘビがでる』等々色々ヒットするのですが
『子どもから先に亡くなったらあかんからや、親から亡くなるのが順番や』
というのはなかなかヒットしませんでした。


その方は認知症を患っていらっしゃる方
中等度くらいかな?
シャレで言われたのかどうかはわかりません・・・
さすが!というか
恐るべし!というか
頭の下がる一場面でした。

私(寿老人)ですか?
後輩も多くなり、教える機会も増えましたが
利用者の足元にも及びません・・・


寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーサイト
「伝え方」について・・・
2016年03月22日 (火) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『伝え方について・・・ 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

以前『 どう伝えたかより、どう伝わったか 』というタイトルでお伝え致しました。

私(寿老人)、色々話をするとき、結論から伝えるようにしています。
また研修等では『ねらい』を出来るだけ明確にして
そのねらいが達成できるように、
研修の見通し(進み方)とその時間を伝えるようにしています。

なぜかと言うと、
あれこれあれこれ前置きが長くって、結論に至る頃には、
話がわかりにくくなって、結局何の話やったの?ってなってしまうからです。
みなさんもそんな経験ありませんか?
あの人の話は長いなぁ~とか・・・


私(寿老人)が、社会人として仕事を始めた頃のことです。
『〇〇〇がどうのこうので、それが△△△になって、それから×××で、結局□□□でした・・・・』
『何を言いたいねん!!!』ってことがよくありました。

また別の場面で
ある日ある時、先輩からこのように言われたことがあります。
『 結論から言うて 』、
そうなんです。
僕も何を言うてるかわからない人だったのです。


上の赤文字文章を少し直してみます。
「結論から言うと□□□でした。それは、〇〇〇が△△△だったので×××だからです」
どうですか?なんか聞きやすくないですか?

みなさん色々と話し合い等をすることがあると思います。
特に会議や勉強会等のプレゼンには役立ちます。
何を伝えるのか明確にする、そして終了時間は必ず守る!
効果てきめんです。

そうすることで、みんな集中できます
話も頭に入りやすいです

参考までに

テンプレップの法則
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、福祉の世界ではまだまだ少ないです。
そして福祉の学校では教えてくれないのです。
参考にしていただくとありがたいです。

<テンプレップの法則>
1、Theme   (話のテーマ)
2、Number  (言いたいことの数)
3、Point   (結論・要点)
4、Reason  (理由)
5、Example (具体的な話)
6、Point (結論・まとめ)

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。



マッサージ
2016年03月17日 (木) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 口腔に関するマッサージ 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

口腔に関するマッサージと言えば
①唾液腺マッサージ(耳下腺・顎下腺・舌下腺)
②アイスマッサージ
③ガムラビングの方法
等が浮かんでくると思います。

食事をたべる事が困難になってくると
度々むせるようになり、食べる量も減ってきます。
むせると誤嚥性肺炎のリスクも増します。
発熱は37度代後半から38度は当たり前となり
入浴はもちろん起き上がることのままならない・・・
まさに悪循環・・・・・
そして看取りへ・・・・・ 
それで良いのでしょうか?

そこではじめたのが上記①②③です。

しばらく経つと
食べる量は8~9割、むせるのは1日2~3回
むせるのが少ないので誤嚥性肺炎はなく発熱は微熱が時々
入浴回数も増えほとんどベッドから離れて食事ができる
ようになりました

勿論歯科医師等に確認をして実技指導をしてもらいました。
実技内容は写真や文章として残しました。
そして、1人ひとり職員さんに地道に伝えました。
そこで大事にしたのが、そのケアに根拠を持つことでした。

根拠を持ったケアが、良い結果として現れると
職員さんの自信につながります。
そして成功体験に積み重ねに繋がります。
この体験は大きいと考えたのです。

その後、他の利用者にもマッサージは自然とできるようになり
スムーズに食事をされる方も増えてきました。

成功体験はどんな小さなことでも大切なんですね。

しかし、
自然と食べることができなくなり
そのまま自分の望む生き方をされるという方も
いらっしゃいます。
難しところです。

私たちは
利用者の思いや家族の思いによく耳を傾け
真剣に考えることが大切なのではないでしょうか?

「あの人がそう言ったから・・・」で済ませてしまうと
流されてしまう可能性もあると思います。

「あの人がそう言ったから・・・」と言いながら
職員さん同士で同調すると安心感は高まりますが、
気づきが生まれる前に判断を誤る可能性も出てくるのではないかと
自分の中で 『 ヒヤッ 』 としてしまうことがあります。

みなさんも色々な経験をされたと思います。

私(寿老人)ですか?
仕事がら、噛む回数も少ないし、食事の時間は短いです。
そして、麺類でムセルことが多くなりました。
ムリはできませんね。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


どう伝えたかより、どう伝わったか
2016年03月12日 (土) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『どう伝えたかより、どう伝わったか 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

先日、グループホーム協議会より研修の依頼をいただき2コマ担当をさせていただきました。
対象者はリーダークラスの方たち。

反応は色々です。
受講生の反応を逃す事はできません。
反応が良いと一体感がうまれますが、
反応が悪いとそうはいきません。

懸命に伝えたとしても、
反応が悪ければ
それは自分自身の一方的な伝え方、
自己満足でしかないように感じます。
それは、
受講していただいている方にとっては
「どうでもいい話」になっているのです。

そして、伝えた内容が1つでも
受講生によって反応は色々です。

受講生の皆様は
自分が伝えた言葉や
それに伴う自分の動作(しぐさなど含む)に
反応をして下さっているからです。

受講生にはどのようなニーズがあり
伝える側はいかに伝えるか!
そしてどう伝わったか。
研修でお話しをさせていただく都度
振り返りをするようにしています。

介護の場面でも同じだと思います。
自分が懸命にやっていたとしても
それは、利用者にとって良いこともあれば
そうではないこともありまります。

私(寿老人)ですか?
振り返れば、振り返るほど
反省のアリジゴクから抜け出せません・・・・

最近ブログを更新する都度←この絵文字が増えてくるばかりです・・・。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。





申し送りは職員を
2016年03月06日 (日) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 申し送りは職員を 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

この仕事をしている職員間の申し送りは欠かせませんね。
例えば、朝の夜勤者からの申し送り
     夕方に夜勤者への申し送り 等々

そこで、私(寿老人)が気を付けていたことをご紹介します。

①申し送り事項はちゃんと聞く
ここまでは普通。
私(寿老人)が気を付けていたことは、

②申し送り者のことば遣い・表情・声のトーン
などです。そして

③その申し送り者の様子をメモしておく
ことです。

②は、その都度、その都度申し送り者へのねぎらいができます。
そして、
・頑張ったことを褒めることができます。
・注意していたことに感謝ができます。
・不安そうに話をしていることについては一緒に考えることができます。

③は、自分が記憶しておくことで申し送り者(職員)に
・機会を通してフィードバックできます。
・あなたをちゃんと見ていますよ!と承認できます。
・その職員さんはうれしく思います。

そうなんです
人財育成なんです!
②③は
人財育成のモニタリングにもなります。
得意・不得意も把握できてきます。
色々な効果が期待できます。

そして何より、自分も色々気づかせてもらえます
この業界はこんな形でなかなか具体的に伝えてくれる
機会が少ないですよね・・・。

私(寿老人)ですか?
人の事をえらそうに綴っていますが
反省反省の毎日で
自分育成がまだまだなんです・・・・

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ありがとう
2016年03月02日 (水) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 ありがとう 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

最近、研修で他都道府県でビジネスホテルを使う機会が
多かったのです。

ホテルを利用すると
「この部屋は○○が掃除をいたしました」
と書いたカードが置いてあります。

私の知合いがホテルを利用する際には
「お部屋をきれいに掃除して下さりありがとうございます。
今日も気持ちよく仕事に出ることができます」と
記入してくるそうです。

なんるほど

という事で私も記入してくることにした。

私の知合い曰く
『・・・前省略・・・自分のしたことが誰かに良い影響を与えていると思うと
自分のした行動の意義が明確になるので誰かが見てくれている
頑張ろうと心のスイッチが入る・・・後半省略・・・』

当たり前に利用していたホテルが
『ありがとう 』
の一言を添えて出掛けると
なんだか違った1日になりそうな気がしました。

それは、介護現場でも同じではないでしょうか?

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。