数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
介護サービス事業所を選ぶ際に・・・③
2015年11月25日 (水) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『介護サービス事業所を選ぶ際に活用する簡単な判断基準 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

1回目は、
1:『 事業所に着いた時(見学前) 』についてお伝えしました。

そして2回目は、
2:『 事業所の見学時(ハード面) 』です。

そして今日は3回目、
3:『 事業所の見学時(職員) 』です。

では、いよいよ担当者に説明を受けながら施設内見学のはじまりです。


①挨拶・声の高さ
 事業所見学に行くと必ず職員と出会います。挨拶が出来るかどうかは当たり
 前です。止まって挨拶できるかどうかも見てみましょう。そして、声の高さ。
 これも大切です。声の高さの使い分けが出来ているか。心地よい高さ、
 イラッっとする高さ等々色んな使い分けが必要です。

②笑顔・表情
 人を相手に仕事をするプロです。さらにそこに専門技術が伴います。笑顔で利
 用者と接しているか、職員の表情はどうか、これは学校ではなかなか教えて
 もらえない事です。声と笑顔は連動します。

③身なりと歩き方
 事業所によって制服のところもあれば私服のところもあると思います。それが
 よいか悪いかは別です。サービス業としては、制服・私服に限らずちゃんと身
 なり が整っているかが大切です。これは福祉に限ることではありませんね。
 そして歩き方。これはそこの事業所の質がすぐにあらわれます。ダルそうに歩
 いていても良いのか、忙しそうに歩いていれば良いのか、皆さんがどこかの店
 など に行くとわかりますよね。それと同じです。

④見学時の言い訳
 これは、直接案内してくれる職員さんのことです。色々と話をしながら見学を
 すすめていくと時々言い訳ともとれる内容の話が出てきます。「忙しくって…」
 「なかなかですねぇ…」「どうしても…」「やっぱりですね…」等々でてきたら要
 注意かもしれません。

⑤見学者の様子(本人・家族)を見てゆっくり案内できているか
 サービスを利用するのは家族ではありません。その人本人なのです。見学を
 しながら本人や家族の目線や関心が今どこに注がれているのだろうと察しな
 がら説明出来ているか、これは見学にいった本人や家族でしか感じることが
 できません。この目線と関心がミスマッチしていると感じるところはケアに関し
 てもミスマッチしている可能性があります。
 少し検討する事業所かもしれませんね。希望するサービスと実際受ける
 サービスとのミスマッチが生じる可能性が高いのかもしれません。

⑥介護職員の言葉に耳を傾ける①関連
 職員同士の会話に耳を傾けてみましょう。意識して耳を傾けてみると意外と
 聞こえてくるものです。そこには事業所の体質や本音が聞かれます。利用
 者に対する接し方や捉え方、利用者への言葉づかい等日頃と見えないとこ
 ろがそんな時にでます。①との関連します。声のトーンが周りに配慮できて
 いるのか。どこの店にいっても従業員の会話は度が過ぎると…ですよね。

⑦利用者との会話に耳を傾ける①関連
 職員と利用者との会話に耳を傾けてみましょう。指示命令口調ではないか、
 なれなれしい言葉遣いではないか、なれなれしくてもそこに利用者と職員の
 間にちゃんと礼節が保たれているかが大事です。
 そして利用者間との会話はあるかということにも耳を傾けてみましょう!

⑧傾いている(利用者)にすぐ駆けつけているか
 眠たくって椅子やソファーに座り身体が傾いている人がいます。それが心地
 良い眠りなのか、そうではないのかは見て分かります。机にうつ伏せになって
 いる方はあきらかに心地良い居眠りではないです。
 そこにすぐに何らかのケアが出来ているかどうかはそのこの事業所の質に
 大きく影響をしています。そうなんです!要はどれだけ利用者さまに気が向い
 て、どれだか気遣いができるか、そこが現れているのです。

⑨職員が座っているか
 職員が座っているか、これは大きなポイントですね。介護現場は忙しいイメー
 ジ があります。職員が座っている事業所は仕事をしていないのではなく、ど
 の利 用者がこの時間に何をしているのかを把握している可能性が高いので
 す。しかし、職員がただ怠慢に座っているところもあるので注意が必要です。
 その見極めは、座っている時の会話の内容と声のトーン・利用者顔、そうで
 す。 上記①②参考にしてください。ちゃんと話をしている時としていない時
 というのは介護現場に限らず。私たちが生活していると、ちゃんと聞いてい
 るのか、上の空なのか、すぐにわかりますよね!それと同じです。

⑩守秘義務と愛想がよいのとは違う
 「近くなんですけど…来られてる方いますか?」、
 「あぁ、いますよ、その辺りだどAさんとかBさんとか」
 「Aさんはボケてるんじゃないの?」
 「うちは大丈夫ですよ、Aさんみたいな方でも」
 「Bさんもいつも楽しそうにすごされてますよ」
 このように答える事業所は、もしかしたら自分自身のことも他の人に話している可能性がるということです。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
事業所にとっては耳の痛いところですが、それを謙虚に受け取ると、
自事業所の発展に役立つことは言うまでもないです。
どこができていないのか、どこができているのかもですね。

今日は『 事業所の見学時(職員) 』についてお話をしました。
次回は いよいよ最後、4:『 事業所見学時(利用者面) 』についてお伝えします。

私(寿老人)ですか?
こんな事を言いながら反省反省また反省……
そして、前回より部屋の隅っこで小さくなっています………
     小さくなっていく
今この辺りまで小さくなっています  ……

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


スポンサーサイト
畑仕事③ 
2015年11月23日 (月) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 畑仕事③ 』です。
よろしくお願いします。

今日も間引きにいってきました。
というか、量からすれば、ほぼ収穫です。

今日はこんな感じです。

よいしょっ
人参抜く前
よいしょっ!!
人参抜けました

そして
よいしょっ
そして抜く前
よいしょっ
そして抜けました

間引きというか収穫!!
収穫1
とれすぎて食べれませんから・・・・
お家に持ち帰り近所におすそわけ

そして今日から続くのです。
野菜生活が…

私(寿老人)ですか…
野菜、嫌いじゃないです、はい。
今日は野菜キムチ鍋です。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。



介護サービス事業所を選ぶ際に・・・②
2015年11月19日 (木) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『介護サービス事業所を選ぶ際に活用する簡単な判断基準 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

前回は1:『 事業所に着いた時(見学前) 』についてお伝えしました。
今日はその2つめ
2:『 事業所見学時(ハード面) 』です。
さて、いよいよ利用予定の方・ご家族は事業所見学です。
見学の際は次の点について見学しましょう!

①フロア(生活空間)は整理整頓されているか
 これは大事ですね。生活空間はそこの事業所の利用者への配慮があから
 さまに表れます。なぜでしょうか?それは、自由にレイアウトできるからです。
 そして、整理整頓されているのか、雑然としているのか、というのも利用者
 にとってのケアに影響します。どこまで配慮されているかが問われるのです
 から!!
 
②綺麗に掃除されているか
 掃除がされていないところは、利用者さまへの配慮の欠如が疑われます。
 そして忙しさにおわれている可能性があります。忙しさにおわれているという
 ことは、ここでもケアの中身が問われているということです。

③掲示物は幼稚ではないか
 今までは、「ありがとうございます」と言いながら手を合わす方が多かったので
 す。その方々は戦前戦中戦後と私たちが想像できない苦労をされてきた方で
 す。本当に幼稚な掲示で良いのでしょうか。そしてがこれからは、一般にいう
 団塊の世代の方が利用をされます。そうなのです! 権利意識の高い方が利
 用されるのです。介護事業所は大人の集まりです。あなたならどうですか?
 あなたを育ててくれた親なら良いのでしょうか?よく考える必要があるのだと
 思います。

④臭いはないか
 これも大事ですね。臭いに配慮できている事業所はなぜか綺麗です。①②に
 関連します。見えないだけあって臭いからの快・不快は事業所で過ごすにあ
 たっては大切ですね。排泄介護への配慮もできていないということです。

⑤机・床はきれいか
 これは見えないところへの配慮にもなりますが、そこの事業所の介護の質が
 すごく問われます。要は机や床が汚いと食事会場がヘタクソということです。
 そして、床の汚れに気付けない事業所はほかの汚れにも気づけない可能性
 がおおいにあるということです。躾もできていない証拠ですね。

⑥車いす・椅子等の汚れはないか
 これは最悪ですね。車椅子や椅子によごれがあるということは、食事介護の
 専門性がない!ということです。事業所では栄養を考えたおいしい食事をだ
 しています、と言っても、介護を必要とする方への食事へのケアが考えられ
 ていないので汚れているのです。こぼしたりしている事も考えられます。

⑦洗面台等に水垢はついていないか
 これは盲点です。なかなか意識してみない部分ですね。しかし、使用時の
 事を考えて下さい。ホテル等で水垢がついているところは使いたくないで
 すよね。
 
⑧TVや棚にホコリはたまっていないか
 これも致命的ですよね。介護が必要になり、利用料金を支払って使用するとこ
 ろで、ホコリがたまっているのです。考えただけでも嫌ですよね。
 それと、ホコリがたまっているということは、利用者の環境を大切にしていない
 か、もしくは教育が出来ていない可能性が高いです。

⑨空調(温度・湿度)は適度か
 事業所によっては、経費節約と言いながら電気使用量(くうちょう等)をケチる
 ところがあります。事務方は経費節約、ほんの一部の看護職は利用者が脱
 水や風邪をひけばこんなこと(暑い・寒い)くらい介護職がちゃんとしていない
 から!と。そして介護職は…。そんなこともあるということを踏まえて見学して
 みましょう。

⑩居室(静養室)は整理整頓されているか
 生活する空間もしくは体調不良時等に身体を休める空間です。上記でお伝え
 したところも含めて確認しましょう!これができていないところは、利用者を大
 切にしていないもしくはケアは行き届いていない証拠です。

と、まぁ色々お伝えしましたが、要は当たり前のことが当たり前に出来ているか
どうかですよね!そしてこれらができていないところはケアにも疑問が生じると
いうことですよね。

今日は『 事業所の見学時(ハード面) 』についてお話をしました。
次回は『 事業所の見学時(職員面) 』についてお伝えします。

私(寿老人)ですか?
前回より部屋の隅っこで小さくなっています………

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。



介護サービス事業所を選ぶ際に・・・①
2015年11月13日 (金) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『介護サービス事業所を選ぶ際に活用する簡単な判断基準 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

この前、
専門性が先走り、そこに事業所の言い訳ともとれる都合が重なってしまうとそれは最悪。
サービスも多様化し、事業所はあふれるばかり。
そろそろすみわけられる時期かもしれませんね。
義母が介護サービス事業所を探しに行ったお話をしました。
今日は、その見学を通して感じた事や義母の言動等を参考に
『 介護サービス事業所を選ぶ際に活用する簡単な判断基準 』
としてまとめて見ました

それを
1:『 事業所に着いた時(見学前) 』
2:『 事業所見学時(ハード面) 』
3:『 事業所見学時(職員面) 』
4:『 事業所見学時(利用者面) 』
に分けてみました。

簡単な判断基準ですので
それぞれ10項目しかありません。

今日はその1つめ
1:『 事業所に着いた時(見学前) 』です。

①事業所の外観と内部の第一印象の差
 外観が綺麗な施設は沢山あります。しかし中に入るとその印象とは全く違う場
 合があります。第一印象は大切にしましょう。

②訪問した時、職員さんはすぐ対応してくれるか
 気配り目配りの利く事業所はすぐに対応してくれます。要はよく利用者様をみ
 ているということです。

③履き替えが必要な場合下駄箱は整理されているか
 お客様への心遣いがされているかということです。においもです。

④見学の際に通された場所は整理整頓されているか
 ここは大事ですね。事業所の中身が見えます。また事業所の利用者様に対す
 る姿勢も見える場合があります。そんなところが片付けられていなければ、生
 活空間なんて片付けられませんね。

⑤笑顔で対応できているか
 笑顔の有無も大切なのですが、要はその笑顔に余裕があるかどうかなので
 す。

⑥臭い
 ③でもすこし触れましたが臭い。これも大切ですね。
 私たちは臭いというとすぐに「排泄介助後の臭い」を想像してしまいます。
 しかし利用者様にとって大切なのは、良い意味で生活臭が自分に合っている
 かということです。
 もちろん排泄介助後の臭いが漂ってないか等も大切です。

⑦責任者が・・・管理者が・・・
 せっかく施設見学いったのですが、対応した職員が「責任者がいなくって…」
 や「管理者がいなくって…」等々言いながら何を聞いてもはっきりしない対応
 で終わってしまう。何のために見学に行ったのか・・・という結果になってしま
 う。そのような事業所は、体制が整っていなかったり、無責任な対応が存在
 する危険性があるということです。

⑧見学にきているのに、見学以外のことを色々聞かれないか
 見学の対応をしてくれるのはよいのですが、こちらの目的は見学です。それ
 なのに、何歳ですか?介護認定は?どのような病気で?認知症は?など色
 々ときいてくるところがあります。これは見学者からすると、そこですでにふる
 いに掛けられている(事業所の都合で利用者を選んでいる)ような感じがしま
 す。

⑨対応してくれる職員はだれに対して話をしているか
 本人と家族が見学に行ったとします。対応してくれる職員はだれにたいして説
 明をしているのでしょうか?質問者や内容によっては本人、家族、その両方と
 いうことが想定されます。本人の頭の上で職員と家族の会話が飛び交うなん
 て最悪です。利用するのは本人です。職員教育ができていない可能性があり
 ます。

⑩最後に、自己責任でネット等で情報収集そして事業所へ
 ネットなで検索しましょう!しかしホームページはきれいな写真ばかりです。内
 容を吟味して、見学に行きましょう!第一印象の内容にも結びつくでしょう!

今日は『 事業所に着いた時(見学前) 』についてお話をしました。
次回は『 事業所の見学時(ハード面) 』についてお伝えします。

私(寿老人)ですか?
こうしてお話しているうちに部屋の隅っこで小さくなっています…

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


またまた新しく
2015年11月05日 (木) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『またまた新しいカテゴリ 学校では教えてくれない100の気付き 』です。
学校では教えてくれない事
先輩や同僚から教えてもらえない事
そんなこんな色々な事をお伝えしていきます。
ざっと思いつくだけでも70以上のネタがあります。
どのように伝えて行こうか・・・
なかなか時間もなく・・・

では、
本日もブツブツつぶやきます。

実は今、義理の母が入院中でそろそろ退院。
介護認定を受け、病院から外出の許可ももらい、休みの都度僕と妻そして義母と3人で在宅生活に向けてサービス事業所見学。
義母はきれい好き。
特にトイレと個浴。
すでに10か所以上の見学。
どこの事業所も懸命さは伝わりますが、妻と義母は介護に関しては素人。
気づかされる事が多い。
電話の応対、そこの職員は誰に対して説明しているのか、
職員の挨拶、笑顔、子ども扱いになっていないか、掃除はされているか、
洗面台の水垢さえ気になる。
臭いも大事。
そこの事業所の質まで臭いとともに伝わる事さえある。
そして利用者は綺麗か。
専門性が先走り、そこに事業所の言い訳ともとれる都合が重なってしまうとそれは最悪。
妻と義母からの学びと気付きを大切にしなければと勉強させられることばかりでした。

サービスも多様化し、事業所はあふれるばかり。
そろそろすみわけられる時期かもしれませんね。

そして自分達も危機感を持つ必要があるのかも

寿老人のつぶやき・・・みんなに伝えてみませんか?

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
髭剃りの話その②
2015年11月01日 (日) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

では今日は、前回の続き『髭剃りの話』をしていきます。

あらためまして、

今日は、『 髭剃りの話その② 』です。
本日もブツブツつぶやきます。

前回9月4日『 髭剃りの話その① 』で(文字のクリックで記事へリンクしています)、このように↓お伝えしました。
『さて、みなさん髭剃りについてどのように思われますか?っていわれてもそれは色々ですね。
特に入居型のサービス事業所であればそこの事業所のサービスの質は、整容の状況をみれば一目でわかります!
わかりますよね。
生活をするなかで当たり前のこと(整容等)ができていないのに、専門的な介護の仕事ができるわけないですよね!
もし、整容等できていないで、専門的な介護の仕事ができているとしたら、それは業務優先指向(思考)かも・・・。
っていう感じで。


そして今日は②ということで、2つめの話です。

②髭剃りを業務と勘違いしている
ほとんどの業務という仕事はケア(例えば髭剃り等の整容)と関連する
前後の作業工程(業務)なのです。
事業所の悪い例は、
作業工程(業務)を誰に気を使っているのか、どんどん前倒しして先に先にしてしまい
それが恒常化して、今しなくて良い仕事を、今しなければならない仕事にしてしまい、
その結果自分達で忙しくして
時間がない・・・になってしまうのです。

しかし、その作業工程(業務)は、私たち職員が作ってきたものです。なので、変えることもできるのです。

ケアと業務を一緒にしているから
業務改善が出来ないのです。
業務はケアから発生する(関連する)作業なのです。
だからケアの改善と業務の改善は違うということをおさえておく必要があります。

では、
整容ケアについて具体的に置き換えてみましょう。
整容をちゃんとしましょう!といっても、なかなかできない場合。
いままでちゃんと出来ていないからするのは大変です。
あれこれ準備しなくてはなりません。
しかし、あれもこれも利用者さまによって色々です。
その場であれこれやっていては、とてもじゃないですが、追いつきません。

なので、利用者様の使いやすい位置に事前にあれもこれも準備しておくのです。
使いやすい位置に準備するだけです。
ここまでが作業工程(業務改善)です。

使いやすい位置に準備しておくと色々なことが見えてきます。
実は利用者様にとって使いやすい位置ではなかった。
利用者さまからもう少しこうしてほしい、
こうしたら良いのではと職員からの意見がでます。
そして、
左麻痺・右麻痺・認知症の中核症状等を考え、
使いやすい位置に置き、利用者さまが自分の勝手で
好きな時に整容ができ(もしくは一部介助・全介助)
その人らしさが出ることが
ケアの改善です
職員の都合で準備をしてしまうとこうはいきません

寿老人のつぶやき・・・
2015年1月14日「基本が求められる」も参考にしてください。
文字のクリックで記事へリンクしています。


さて、色々クドクドお伝えしてきましたが、人として当たり前の事を当たり前にしましょう。
もし介護の専門性を語ったり現場を批判したりする場面があれば、もう一度人として暮らしていく中で当たり前の事を振り返る事ができれば、さらに良いケアににつながって生野ではないかとと思ったりするのです。

寿老人のつぶやき・・・みんなに伝えてみませんか?

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。