数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チーム一丸となって頑張ろう④
2015年07月20日 (月) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は 『一丸となって頑張ろう④』です
本日もブツブツつぶやきます。よろしくお願いします。

前回③では、
『明日から出来る(する・しなければならない)仕事内容が具体的ではない』
『今行う具体的仕事が明確になっていない』
という感じでお伝えしたかと思います。

そして、今回④ではそんな状況から抜け出すヒントとして
明日からできる具体的仕事に内容につなげる方法をお伝えしたいと思います。

まず1つめ、チームの分析から、明日からできる具体的仕事内容につなげる方法です。

そして2つめ、現状把握から目標を設定し、明日からできる具体的仕事内容につなげる方法です。


今日は1つめ、チームの分析から明日からできる具体的仕事内容につなげる方法です。
①チームの困りごとを具体的にあげる
②チームの弱みと強みをあげる
③今まで見聞きしたことで見習いたいところあげる
④見習いたいが、チームで抑止がかかっているところをあげる
⑤そしてプラス思考で実行

さらに発展できれば、
⑥そして目の前の大変さに対して、その背景(要因)が何なのかを考え、本質を見極める。(感情に流されない)
⑦根拠となる知識を持つことで決断しないといけない場面で決断する(知識・経験)

と調子に乗っていけばよいのです。
いかに楽しく企てるかですよ!
どうせやるなら楽しむのです!!

では①から順番に。
①チームの困りごとを具体的にあげてみるましょう。
 チームの困りごと≒大変ことや時間がないこと、ままならないこと等でしょう。
 その困りごとを具体的に挙げてみましょう。
 何をどうして良いかわかりませんので、まずはその困りごとをあげてみましょ
 う。

②現場(チーム)の強みと弱みを挙げてみましょう。
 なんで大変な時に、そんな事をしないといけないの?と言われそうですが、
 ちゃんと文字としてあげてみないと何かやろうという時に強みと弱みをわか
 っているのとわかっていないのでは雲泥の差があります。

③今まで見聞きしたことで見習いたいところあげてみましょう。
 これは効果的です。自分達が過去にやってきた自慢話もOKです。どんどん
 あげてみましょう。プラス思考で話をするとやる気もアップしますし、色々なヒ
 ントが隠れていたり、なんでこんあことを大変だと思っていたのかと気づいた
 りします。

長くなりそうです・・・・。
今日はここまでです。すみません・・・。
この先は、チーム一丸となって頑張ろう⑤でお伝えできればと思います。

寿老人のつぶやき・・・みんなに伝えてみませんか?

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。