数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一丸となって頑張ろう③
2015年07月12日 (日) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は 『一丸となって頑張ろう③』です
本日もブツブツつぶやきます。よろしくお願いします。


前回②で「一丸となって頑張ろう!」は少し言葉を変えていますがこんな感じでお伝えしたかと思います。

『具体的な対策がない影響力のある職員が、根拠もなくその場しのぎに発した言葉。
大変な状況から抜け出す術を知らずになんとかやりくりしていくうちに月日が流れ、
そんな状況が当たり前になっているから何とか落ち着いたと錯覚している状態』


要は
明日から出来る(する・しなければならない)仕事内容が具体的ではない
のです。

みなさんもなんかどこかでこんな覚えがないですか?

「よーし、昨日みんな一丸となって頑張ろう!って話合ったから、今日からみんな一丸となって頑張るぞー!」
って出勤して、同僚・利用者さまに挨拶をしたみなさん!
・さて、今から何をどうしますか?
・チームの同僚は何をしていますか?
・頑張っているつもりが、単純に仕事の前倒しをしているだけではないですか?
・それは、一丸となって頑張ろう!の仕事ですか?
・それぞれが頑張ろうと思い、気を使い、労力を使い、仕事をしていますがベクトルは同じ方法に向いていますか?
・向いていないのなら、それはただ単に、忙しく大変な中、仕事を増やしているだけの状況ではないですか?

そうなんです!
すでにみなんさお気付きだと思います!
チーム一丸となって頑張ろう!って言っても
今行う具体的仕事が明確になっていない』のです。

だから、
『具体的な対策がない影響力のある職員が、根拠もなくその場しのぎに発した言葉。大変な状況から抜け出す術を知らずになんとかやりくりしていくうちに月日が流れ、そんな状況が当たり前になっているから何とか落ち着いたと錯覚している状態』
を繰り返してしまい、介護現場がうまくまわらないのです!!

さて次回からは、
そんな状況から抜け出すためのヒントをお伝えしたいうと思います。

寿老人のつぶやき・・・みんなに伝えてみませんか?

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。