数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チーム一丸となって頑張ろう④
2015年07月20日 (月) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は 『一丸となって頑張ろう④』です
本日もブツブツつぶやきます。よろしくお願いします。

前回③では、
『明日から出来る(する・しなければならない)仕事内容が具体的ではない』
『今行う具体的仕事が明確になっていない』
という感じでお伝えしたかと思います。

そして、今回④ではそんな状況から抜け出すヒントとして
明日からできる具体的仕事に内容につなげる方法をお伝えしたいと思います。

まず1つめ、チームの分析から、明日からできる具体的仕事内容につなげる方法です。

そして2つめ、現状把握から目標を設定し、明日からできる具体的仕事内容につなげる方法です。


今日は1つめ、チームの分析から明日からできる具体的仕事内容につなげる方法です。
①チームの困りごとを具体的にあげる
②チームの弱みと強みをあげる
③今まで見聞きしたことで見習いたいところあげる
④見習いたいが、チームで抑止がかかっているところをあげる
⑤そしてプラス思考で実行

さらに発展できれば、
⑥そして目の前の大変さに対して、その背景(要因)が何なのかを考え、本質を見極める。(感情に流されない)
⑦根拠となる知識を持つことで決断しないといけない場面で決断する(知識・経験)

と調子に乗っていけばよいのです。
いかに楽しく企てるかですよ!
どうせやるなら楽しむのです!!

では①から順番に。
①チームの困りごとを具体的にあげてみるましょう。
 チームの困りごと≒大変ことや時間がないこと、ままならないこと等でしょう。
 その困りごとを具体的に挙げてみましょう。
 何をどうして良いかわかりませんので、まずはその困りごとをあげてみましょ
 う。

②現場(チーム)の強みと弱みを挙げてみましょう。
 なんで大変な時に、そんな事をしないといけないの?と言われそうですが、
 ちゃんと文字としてあげてみないと何かやろうという時に強みと弱みをわか
 っているのとわかっていないのでは雲泥の差があります。

③今まで見聞きしたことで見習いたいところあげてみましょう。
 これは効果的です。自分達が過去にやってきた自慢話もOKです。どんどん
 あげてみましょう。プラス思考で話をするとやる気もアップしますし、色々なヒ
 ントが隠れていたり、なんでこんあことを大変だと思っていたのかと気づいた
 りします。

長くなりそうです・・・・。
今日はここまでです。すみません・・・。
この先は、チーム一丸となって頑張ろう⑤でお伝えできればと思います。

寿老人のつぶやき・・・みんなに伝えてみませんか?

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。







スポンサーサイト
一丸となって頑張ろう③
2015年07月12日 (日) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は 『一丸となって頑張ろう③』です
本日もブツブツつぶやきます。よろしくお願いします。


前回②で「一丸となって頑張ろう!」は少し言葉を変えていますがこんな感じでお伝えしたかと思います。

『具体的な対策がない影響力のある職員が、根拠もなくその場しのぎに発した言葉。
大変な状況から抜け出す術を知らずになんとかやりくりしていくうちに月日が流れ、
そんな状況が当たり前になっているから何とか落ち着いたと錯覚している状態』


要は
明日から出来る(する・しなければならない)仕事内容が具体的ではない
のです。

みなさんもなんかどこかでこんな覚えがないですか?

「よーし、昨日みんな一丸となって頑張ろう!って話合ったから、今日からみんな一丸となって頑張るぞー!」
って出勤して、同僚・利用者さまに挨拶をしたみなさん!
・さて、今から何をどうしますか?
・チームの同僚は何をしていますか?
・頑張っているつもりが、単純に仕事の前倒しをしているだけではないですか?
・それは、一丸となって頑張ろう!の仕事ですか?
・それぞれが頑張ろうと思い、気を使い、労力を使い、仕事をしていますがベクトルは同じ方法に向いていますか?
・向いていないのなら、それはただ単に、忙しく大変な中、仕事を増やしているだけの状況ではないですか?

そうなんです!
すでにみなんさお気付きだと思います!
チーム一丸となって頑張ろう!って言っても
今行う具体的仕事が明確になっていない』のです。

だから、
『具体的な対策がない影響力のある職員が、根拠もなくその場しのぎに発した言葉。大変な状況から抜け出す術を知らずになんとかやりくりしていくうちに月日が流れ、そんな状況が当たり前になっているから何とか落ち着いたと錯覚している状態』
を繰り返してしまい、介護現場がうまくまわらないのです!!

さて次回からは、
そんな状況から抜け出すためのヒントをお伝えしたいうと思います。

寿老人のつぶやき・・・みんなに伝えてみませんか?

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
おむつの情報
2015年07月03日 (金) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は 『おむつの情報 』です
本日もブツブツつぶやきます。よろしくお願いします。

さて、私たちは介護の仕事をしていると『オムツ』のことについて
知っておきたい・知っておく情報が山盛りあります。
今日はその1つ。
ちゃんとオムツの袋の情報(吸収量やサイズ)をみていますか?です。

色々な情報が載っています。
そのメーカーのサイズと吸収量の目安
保管上の注意
おむつカバーやパッドの使い方
処理方法
捨て方
腰回りやお尻周りのサイズを参考にした商品のサイズ
素材
抗菌剤の種類

事業所でオムツの情報となるとその『単価』とこの人はこれくらいの『サイズ』で・・・
と言ったことが主流でしょう。
しかし、それだけでよいのでしょうか?

その商品(おむつカバーやパッド)の特性を知っておくことは介護の仕事をしている以上欠かせません。
情報として表示してある内容はプロとしてこの商品はこんな商品だという事を知っておく必要があるのです。
逆に知らないまんま使用している方がおかしいんじゃないかと思うのです。
知っているのなら、その特性を十分活かす方法を考えなければなりません。
そして快適性をみんなで話し合って追求していくのです。

単価もそうです。
事業所がどこかの業者に搬入してもらっていたら
どんな経緯で、いつ・だれが・どんな時・どのように搬入され、だれがそれを確認して、支払いまでどうなっているのかまで。
しかし、単価(コスト)ばかり気にしていると、一時は減りますがそのほとんどの場合もとに戻るか最悪取り組む前のコストより高くなっていることがあります。

ちょっと話はズレますが、事業所の事務職員が利用者の様子をしらないといけないのと同じことです。
事業所の事務職員は一番にお客様(利用者の家族の確立が高い)に会う機会が多いのです。
その時にちゃんと挨拶と利用者さまのことが一言でも話ができるようにしておく必要があります。

介護職員さんもそこは同じ。
私たちは現場だから・・・では通用しないのです。

いかがですか?
一度、自分達が使用しているオムツの情報を収集してみては?
きっと何かが変わるハズ!!!

寿老人のつぶやき・・・をみんなに伝えてみませんか?

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。