数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
行く着くところは・・
2015年06月27日 (土) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は 『行く着くところはやっぱり普通の生活 』です
本日もブツブツつぶやきます。よろしくお願いします。

2~3日出勤が続くとなにかしら問題がというか何かが起こる。
そんな経験皆さんはないですか?

例えば、朝出勤したらあの人また不眠だったとか・
例えば、あの人汚染してたとか・・
例えば、あの人抵抗あったとか・・・
例えば、例えば、例えば、、、とどんどん出てきます。

しかし、よ~く考えてみるとこのほとんどは職員が作り出していることに気付く。

あの人また不眠だったは、
何らかの事情により生活リズムが乱れ昼夜逆転している場合が多い。
職員側が生活のリズムを整えることを考えると
その人は夜中真っ暗らな中、ゴソゴソとしる必要はない。
日中、みんなと何かしらの活動ができる。

あの人また汚染してたは、
その人にあった
排泄の備品(オムツ等)がちゃんとその人にあった形でつかれているのか
正しい使い方がされているのか
姿勢や生理的なこと
排泄介助に関する根拠があるか
等々しっかりと感挙げれば、汚染は極めてくすなくなる。

あの人抵抗があったは
認知症の人がおおいのではないか?
急に風呂に行きましょうというと断られる
オムツ交換をしようとすると手や足がとんでくる
当たり前ですよね
風呂に行こうって言われても「なんで?」って思いますよね
寝ている時に一声掛けられたとしても、そのままズボンを下ろされると手も足も出ますよね

やっぱり普通のことを普通に考えると
職員間で「あぁでもない、こうでもない」と不毛な議論はなくなりますよね
そして、「あぁでもない、こうでもない」と言う議論の多くは
職利用者の為という大義名分のもと職員の都合にあわせていることが多いですよね
だから、苦労ばかり重ねて解決しないことが多いですよね。

どんなことが普通でどんなことが普通の生活なのか
ということも一度話をしてみるのも良いのかもしれませんね

目の前の状況に対して隅々までアンテナをはり、
幅広い知識と経験と根拠によって
瞬時に適切な判断し仕事をするのか
私たちではないでしょうか?
こんなに幅広い領域で専門性をもって仕事をするプロは
介護以外にはないのですから。

そして本当はみんなこのことに気付いているのです!
だれかの生活をより良くしたいと願っている気持ちと
それを実現するために何を取り除けばよいのかを!

寿老人のつぶやき・・・みんなに伝えてみませんか?
私ですか?梅雨は苦手です。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。




スポンサーサイト