数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
掃除ができないゾ!
2015年05月12日 (火) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『 掃除ができなゾ!いやいやそんな事はないですよ 』です
本日もブツブツつぶやきます。

私たちは日々忙しく追われています。
なかなか環境整備や掃除ができません。
これは事業所の種類を問わず共通ではないでしょうか?

そしてなかなかできないので、『 この時間にだれがする 』と決めたくなります。
決定してしまうとやらないといけませんが、
それがアダとなって『忙しくてもこの時間にやらないと… 』となってしまいます。

介護職員さんはまじめですから
決められた時間にできなければ、その後やらないといけない…という思考回路になってしまいます。
結果、良い事をやっていても忙しいので、
自分達の首を絞めるだけでなく、
利用者さまに余裕をもって対応できないという悪循環になってしまうこともあります。

そこで、私(寿老人)からの提案です!

入居型事業所なら
利用者さまの居室へ訪室する都度何か1つで良いので整理整頓する。
ゴミを拾う・物を整える・棚等ひと拭きする等々なんでも良いのです。
なにか1つしてみましょう!
決して時間はかかりません。数秒から数十秒で済みます。
各職員さんは1日に何回訪室するでしょうか?
合計するとかなりの訪室回数になります。
その訪室回数は掃除や整理整頓数と比例します。
それが1週間、1か月と重なってくると
きれいに整理整頓できてなんだかうれしくなってきませんか?
『 この時間にだれがする 』ときめた時間には殆どすることはなくなります。

通所型事業書も同様です。
職員さんがその場所を移動するその都度ひとつ整理整頓するのです。
動線にあわせてひとつ手を伸ばせばできることからが良いですね。

このようにすると
わざわざ掃除をする時間は減ります
忙しいなか、やらなければいけない感がひとつ減ります
そして、利用者のことを考える時間が増えます
利用者と関わる時間が増えます
なにより、利用者さまも職員さんも余裕がうまれます。
そして笑顔も増えてきます。

一石二鳥どころではありませんね(^^/

こうして私(寿老人)は日々色々なひらめきを大切に
考えをめぐらせているのです。

最近そのひらめきをすぐに書き留めないと
すぐに忘れてしまうことが多くなりました・・・(^^;

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。







スポンサーサイト
一丸となって頑張ろう②(総論編)
2015年05月09日 (土) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、 『チーム一丸となって頑張ろう!②総論編 』です

総集編から始めます。
そして、いくつか具体例を挙げていきます。
その具体例に対して、寿老人が提案をしていきます。。
最後に『チーム一丸となって頑張ろう!』についてまとめます。

ちなみに、このカテゴリはシリーズで続けますが、ほかのカテゴリもアップしますので色々な内容を楽しんでいただけると幸いです。

では、本日もさわりからブツブツつぶやきます。

一丸となって頑張ろう!と言う時、忙しいのに実は何の対策も浮かばない時が多いのです。
何の対策もないから、出てくる言葉もなくその場しのぎの『チーム一丸となって頑張ろう!』となるのです。

私(寿老人)も『チーム一丸となって頑張ろう!』と言う言葉を何度も聞いた事があります。
しかしその後に続く、具体的に何をいつまでどのように頑張って、どのような結果を目指すのか?聴いたことがないのです。
目指すところとにたいして具体的に計画があり、はじめて『チーム一丸となって頑張ろう!』になるんじゃないのかなぁ~って、ず~と不思議に思っていました。

現実、介護現場における『チーム一丸となって頑張ろう!』と言う時の多くは大変な時です。
大変な時だからこそ、大変さを具体的に考え、まず文字として挙げる必要があるのです。
文字として挙げないと何が大変なのかわかりませんし、チームで共有(共有は「寿老人の業務改善:2014年08月13日 (水):その人らしさを・・・」、を参考にしてください)することもできません。

最悪何が大変か話をしているうちに、話が横道にそれ、愚痴の言い合いになって、結局何が大変なのかあやふやのまま時が過ぎていくのです。
だから同じ大変さを繰り返してしまうのです。

くどいようですが忙しく大変な時だからこそ文字としてあげる必要があるのです。

大変さを文字にしろって言われてもと思われるかもしれませんが、
きれいに文章をつくるのではなくその時の大変さをそのまま文字としてあらわせばよいのです。

多くは人が少なくて排泄介助が大変とか、
食事介助が大変とか、
入浴介助もままならないとか、
こんなに大変なのに不穏な人がいてとか、
居室対応が多いとか、
おおむねこんな感じのものが多いと思います。

そしてとっておき!
実はその大変さは、目に見えていても見えていない部分があります。
「寿老人、何言ってるんですか?」と思われるかもしれませんが
その裏側もあかしていきます。乞うご期待!

それでは次回から具体例を挙げて行こうと思います。
よろしくお願いします。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。





一丸となってみんなで頑張ろう①
2015年05月05日 (火) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、新カテゴリ、 『チーム一丸となって頑張ろう!の検証 』です
このカテゴリはシリーズでアップしていきます。
単発では文章がおかしいかもしれませんが、シリーズで綴っていきますので前後も確認していただければと思います。
よろしくお願いします。

ではいつもの通り、
本日もブツブツつぶやきます。

一丸となってみんなで頑張ろう!の検証です。

寿老人は「一丸となって頑張ろう!」については無責任の塊だと思います。

忙しい時や人が足りない時に限って出てくる言葉が
「みんなでチーム一丸となって頑張りましょう!」や「一丸となって力を合わせて頑張って乗りきりましょう!」です。
みなさんも経験されていると思います。
毎日毎日疲弊してなんとかやりくりしていくうちに月日が流れて何とか落ち着くという状況ではないでしょうか?
これが「チーム一丸となって頑張ろう!」でしょうか?

そしてそんな時期がすぎると「みんなチーム一丸となって頑張ってきたおかげ」となっていませんか?
そしてまた、一時経てば同じ状況が繰り返されるのです。

結局、同じことを疲弊しながら繰り返しているだけで
「一丸となって頑張ろう!」は
一丸となってがんばっているのではなく、
無責任な影響力のある職員が何の根拠もなく
その場しのぎに発した言葉に過ぎず
具体的な対策が打ち出されていないから
なんとかやりくりしていくうちに月日が流れて何とか落ち着くという状況になっている。
そんな状況で働いている職員さんは
そんな状況が当たり前になっている。

だからそんな状況から抜け出す術を知らずに繰り返している。
だから介護現場はうまくまわらない。
そして、委員会活動もあってないような物になっている。
勉強会をしても、監査対策なのでとりあえず行っている。
ちょっと辛口ですが、こんな感じではないでしょうか?

この新しいカテゴリ「一丸となって頑張ろう!」は
少しずつ検証して
寿老人が「一丸となって頑張ろう!提案」を
していこうと思っています。

よろしくお願いします。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。