数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の好きなところに気付こう!
2015年03月12日 (木) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 自信を持って自分の好きなところに気付こう! 』です。
本日もブツブツつぶやきます。

介護(現場・職員さん)はついついマイナスなことをイメージしがちではないでしょうか?
例えば、なかなか自分の得意分野(食事であったり、入浴であったり、座位や認知症等々)を自分自身で自覚?することが苦手だったりしませんか?

みんなこのケア(食事であったり、入浴であったり、座位や認知症等々)には興味関心があるというところがあるはずです。
もしくはここがちょっと気になるんだけどなぁ~、と言うところ。あるはずです。それも大事だと思います。

そんな興味関心があるところ、ちょっと気になるなぁ~という気付きが大切だと思います。
その興味関心のあるところや気になるところはみんなそれぞれ。

そこを自分の得意分野にしてみてはいかがでしょうか?

だけど、どうしていけば良いのだろうと思わると思います。
些細なことでもOKです。
ケアの場面で思ったこと・気づいた具体的な一場面を覚えておきましょう!書きとめておくのも良いかもしれません。
そこから深めていくことが大切です。

今度は、深めていく?って言ったて・・・と言う方がいらっしゃるかもしれません。
自分が書きとめた具体的な一場面について、色々な事例を探してみたり、これまで勉強してきた本を調べてみたりするのも良いと思います。

そうしていくと今度は、なんでここでこうなっているんだろう?と疑問が生まれてきたりします。
疑問が生まれたら、その疑問について、また調べてみましょう!

そうすると次から次へ興味関心のあるところ、気になるところは、知らず知らずに深めることができると思います。
深まってきたらいったんどこかでその内容を振り返りをしてみましょう!

振り返るっていわれても・・・?という方は
覚えていた・書きとめていたケアの場面で思ったこと・気づいた具体的な一場面に置き換えてみましょう!
そうすることによって深化したことの整理ができてきます。

自分で納得出来たり理解が深まったところは、
介護に根拠を持つことの大切さにつながります。
介護現場における自分のフィールドワークになります。
自分のフィールドワークを持つ事によって、相手(同僚等)に伝わりやすく(伝えやすく)なります。
なにより自分のケアへ自信にもつながります。


さらに、こじつけになってしまいますが・・・
自分の好きなことに気付けると、利用者の好きなことに気付くことにつながってくるのではないでしょう?
自分の好きなところに気付こう!は、

利用者の好きなことに気付くことに繋がる!好きなことに気付くと、

ケアに繋がる!
自分の好きなケアに気付こう!は、その気づきがケアにつながる!です。

私(寿老人)ですか?
自分の好きなところ?理屈っぽいところです・・・^^;
まわりの人は迷惑ですね

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。