数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
本当の入浴
2015年03月29日 (日) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『 本当の入浴 』です
本日もブツブツつぶやきます。

以前入浴介助の躾で少しお話したことがあります(緑文字は入浴介助の躾にリンクしています)。
それは、入浴介助って何?から、ちゃんとした入浴介助ができるまでのお話でした。

今日はそれ以前のお話です。
今日はお泊りが出来たり、入居型の事業所のお話に近い形になってしましますが・・・。

では。
ユニットケアの勘違い・・・
利用者さまの希望をできるだけ聞いて、今あるハードを出来るだけ活用して、入浴スタイルや習慣にあわせるように頑張ります。しかしそれが本当なのでしょうか?

私(寿老人)が入浴介助を受けるとしたら
育ってきた環境や現在に至るまでその時代時代の入浴スタイルの歴を聞いてほしい
なぜか?って。今のスタイルは過去から継続して作られてきたから。
それを踏まえて自分の入浴に対する考え方を聞いてほしい
夜勤等の経験もあるのでいつも入浴はしない
シャワーの時もあれば浴槽に浸かることもある
ぬるいお湯につかって大きなため息をついて副交感神経優位の状態でひらめきを待ちたい
ときには、人生この先どうなるのかな?と考えを巡らせたい
熱いお湯につかって、冷えたビールに備えたい
早く入浴してから、ゆっくり酒を飲みながらの夕食にしたい
等々
女性の方であればもっともっとあるかもしれませんね。

そう!実は入浴したい時間は一定ではなくて
介助方法をこうしてほしいという技術的なことではなくて
それは小さい頃から経験してきた事実や職業までが影響して
入浴したい(したくなる)気持ちに左右されることが多くて
温度や時間、スタイルまでも変わってきたりするのです。


大変な利用者だなぁ~と思われるかもしれませんが、
みなさん、自分の入浴を考えてみてください。
私(寿老人)のような色々な入浴をされている方けっこういるのではないでしょうか?
そんな事ないよ~、って言う方もことば(文字)として挙げてみると結構こだわりが多いことに気が付きますよ!
私(寿老人)とは逆に、『入浴はこうでないと!』と言う方もいると思います。

入浴介助のチェック項目と特記だけでは足りないのは明らかですよね。
技術的な勉強も大切です。
事業所で入浴についてどのように考え、どうのように活動すればよいのか迷っている方がいらっしゃいましたら、こんな考え方も参考にしていただければと思います。
そうすると、いままでの『ユニットケアにおける入浴の勘違い』が少しずつみえてくるのではないでしょうか?

私(寿老人)ですか?
遠慮がちに書いたのですが、結構こだわり多いですね・・・

介護って幅も広いし奥も深い
そしてその場の状況で対応もかわってきます。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。




スポンサーサイト
名前と生年月日と性別と
2015年03月25日 (水) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『 名前と生年月日と性別と 』です
本日もブツブツつぶやきます。

フェイスシートとよばれる書類。一番はじめに目にするのが、名前、生年月日、性別です。

名前。
名前には姓と名があります。
姓には由来があると言われます。「山田」は山間の田(諸説あり)、「橋本」は橋のたもと(諸説あり)等。色々調べたりすると、その地域の歴史や特徴をものがたっていることが多いようです。集落によく似た姓があるのはそのためでしょうか?
名は親からつけてもらうことが多いと思います。親は子供に「こんな人になってほしい」等の思いを込めてを色々な文字にあらわしているのではないでしょうか。例えば一美(かずみ)さんであれば一番美しい子、花子(はなこ)さんであれば花のように可愛らしい子。勇一(ゆういち)さんであれば自分の考えで進んでいけるや、困難に立ち向かえる人など。

生年月日。
生年月日はその人の生まれ育った時代背景を知る手がかりになります。明治生まれの方は少なくなりましたが、大正、昭和初期、戦前戦中戦後。生まれた年代によって歴史や文化、価値観もさまざまです。

性別。
性別は名前を見るとわかりますが、一美さんは「かずみ」と読んだり「かずよし」と読んだりすることがあります。「かずみさん」であれば女性の可能性が高いです。「かずよしさん」であれば男性の可能性が高いです。読み方にも思いや意味が込められいるのだと思います。

平成になると私(寿老人)のような年齢ではではなかなか読めない名前もあります。キラキラネームというのでしょうか?これも時代ですね。

こうしてみると単にフェイスシートの一番はじめに目にする名前、生年月日、性別には深い意味があるのだと思います。すでにアセスメントははじまっているのです。

家族から「昔から〇〇ちゃんと呼ばれていたから」ということがあったとしても、現在置かれている心身状況や環境、年齢でその呼ばれ方をされる利用者さまはどう思っているのでしょうか?
利用者さまを目の前にしなくても、名前をニックネームや○○ちゃんと読んでいるところがあればも一度検討する必要があります。

私たちはサービス業です。
利用者さまと接する全ての場面で、その意味を考えるだけでもその質(介護)に大きな差がでるのは明らかです。
私たち自身が、私たちの質(接遇)を問われているのですから。

いかがでしょうか?自分の名前、生年月日、性別から考えてみるのも。
私(寿老人)ですか?
一言でいうと「おはずかしいかぎりです・・・はい。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
皆様に感謝
2015年03月18日 (水) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『 皆様に感謝 』です

おかげさまで、ご訪問して頂く方も増え
ランキングでは
福祉・ボランティアでは、5162人中127
介護では1241人中38
画面右中段にほんブログ村高齢者福祉・介護では33
訪問してくださる方、多い日には約70人もの方

本当に感謝です

これからも、少しでもお役にたてますよう頑張ってまいります。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
介護の専門性は・・・
2015年03月16日 (月) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『 介護の専門性が自らの首を締めていないか・・・ 』
の前に
『人として普通に!』
です。
本日もブツブツつぶやきます。

みなさんいかがですか?
日々苦労していませんか?
「なんでこんな忙しいのかな?」

「時間がないのに~」
等々

僕(寿老人)もそう思います、はい。

しかし、1つ思う事があります。

「利用者さまを人として見てみよう」です。
何をいまさら・・・といわれる方もいると思います。

もう少し噛み砕いて言うと・・・

利用者さまは、内臓疾患、重い病気の後遺症、認知症等色々な病の方がいらっしゃいます。そんななかから、今日は我々介護職は介護職として専門性を発揮しているのに、その専門性によって、ついつい自分達の首を絞めている現状に気付いていな状況をみてみたいと思います。

まずは第1段階
新しい利用者まさ。すぐに介護職員さんは情報が記入されたシートをみて、
「この人はこういう人」とインプットされます。始めの出会いは情報が記入されているシートなのです。
それは決してアセスメントではなく、ただのチェックシートにちょっと文章が記入されているだけの物もあります。

そして第2段階、
初めてその人と会います。
すでに情報がインプットされている状態です。
その利用者さまの言動から職員さんはそれぞれ専門性を駆使して分析していきます。
この分析が曲者。
一度分析されてしまうとその分析が合っていようが、間違っていようが、修正するのは難しい・・・
そして、色々な職員さんの専門性によって分析された利用者さまは、
幸か不幸か『その専門性の枠(職員の都合)』に組み込まれていきます。

第3段階
利用者さまが、職員さんそれぞれの分析した『専門性の枠(職員の都合)』に合わないと、
自分達は忙しいからその利用者さまは『大変な人』扱いです。

第4段階
その『大変な人』に対しての対策は
職員に都合の良い通り一遍な「検討する」や「強化」するという言葉になっている。
『専門性の枠(職員の都合)』をもとに対策を考えるので曖昧な内容になってしまい、利用者さまの状態はかわらない・・・。

第5段階
最悪、影響力のある職員が発する訳のわからない専門用語にながされたり
みんなが発するカタカナ用語に流され
利用者さまは右往左往してしまう・・・・。

第6段階
最後に、利用者さまは時間とともに全体的に低下して、
動かなくなり、しゃべらなくなり、
いつしか訳の分からない職員が、
「あの人、今落ち着いているけど、前は大変だったのよねぇ~」
なんて言っている。

何が言いたいかと言うと
『まずは、人として普通に』と言うことです。
こんな言い方が普通ではないのでしょうが、
あえていうとこんな言い方になってしまいました、すみません。
まずは普通の人として見ようとしないから、
専門性というフィルターを通してみてしまう。
そして自分達の専門性の枠にはめ込んでしまいたくなる。
自分達の専門性の枠にはまらないと、結果として問題(困難)扱いとなり、
対策の基準は『専門性の枠(職員の都合)』なので
利用者さまの状態はかわらないし、自分達は忙しくなってしまう。
その結果
自分達が自分達で首を絞める・・・・・。


普通の人としてみるにはそどうしたら良いか・・・
と言う専門職の方もいるかもしれませんが・・・
普通に、近所の人、自分達の親戚のじいちゃん・ばあちゃんに
接している自分達の振り返りをしてみてはいかがでしょうか?
じいちゃん・ばあちゃんは、そんな時・こんな時・どうしてほしいのか?等々普通に考えてみるのも良いのかもしれませんね!
そして、そこで困っていたり、生活の不自由さを感じていたりする方に自分達の専門性を発揮してみる方が良いのではないでしょうか(^^)


僕(寿老人)ですか?
最近、自分の老後を考えると
もしかして、自分は問題老人かと思う事が多くて・・・・

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。



自分の好きなところに気付こう!
2015年03月12日 (木) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 自信を持って自分の好きなところに気付こう! 』です。
本日もブツブツつぶやきます。

介護(現場・職員さん)はついついマイナスなことをイメージしがちではないでしょうか?
例えば、なかなか自分の得意分野(食事であったり、入浴であったり、座位や認知症等々)を自分自身で自覚?することが苦手だったりしませんか?

みんなこのケア(食事であったり、入浴であったり、座位や認知症等々)には興味関心があるというところがあるはずです。
もしくはここがちょっと気になるんだけどなぁ~、と言うところ。あるはずです。それも大事だと思います。

そんな興味関心があるところ、ちょっと気になるなぁ~という気付きが大切だと思います。
その興味関心のあるところや気になるところはみんなそれぞれ。

そこを自分の得意分野にしてみてはいかがでしょうか?

だけど、どうしていけば良いのだろうと思わると思います。
些細なことでもOKです。
ケアの場面で思ったこと・気づいた具体的な一場面を覚えておきましょう!書きとめておくのも良いかもしれません。
そこから深めていくことが大切です。

今度は、深めていく?って言ったて・・・と言う方がいらっしゃるかもしれません。
自分が書きとめた具体的な一場面について、色々な事例を探してみたり、これまで勉強してきた本を調べてみたりするのも良いと思います。

そうしていくと今度は、なんでここでこうなっているんだろう?と疑問が生まれてきたりします。
疑問が生まれたら、その疑問について、また調べてみましょう!

そうすると次から次へ興味関心のあるところ、気になるところは、知らず知らずに深めることができると思います。
深まってきたらいったんどこかでその内容を振り返りをしてみましょう!

振り返るっていわれても・・・?という方は
覚えていた・書きとめていたケアの場面で思ったこと・気づいた具体的な一場面に置き換えてみましょう!
そうすることによって深化したことの整理ができてきます。

自分で納得出来たり理解が深まったところは、
介護に根拠を持つことの大切さにつながります。
介護現場における自分のフィールドワークになります。
自分のフィールドワークを持つ事によって、相手(同僚等)に伝わりやすく(伝えやすく)なります。
なにより自分のケアへ自信にもつながります。


さらに、こじつけになってしまいますが・・・
自分の好きなことに気付けると、利用者の好きなことに気付くことにつながってくるのではないでしょう?
自分の好きなところに気付こう!は、

利用者の好きなことに気付くことに繋がる!好きなことに気付くと、

ケアに繋がる!
自分の好きなケアに気付こう!は、その気づきがケアにつながる!です。

私(寿老人)ですか?
自分の好きなところ?理屈っぽいところです・・・^^;
まわりの人は迷惑ですね

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
忙しいという理由を・・・・
2015年03月11日 (水) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。
インフルエンザや自己啓発で色んなことをしてまして、すっかりご無沙汰しておりました。

それでは、いつもの通り

今日は、『 忙しいという理由を人が少ないから、と言っているといつまでたっても問題解決にはならない 』です。
本日もブツブツつぶやきます。

さて、現場はいつも忙しいですね。
しかし、その理由を 『人(職員)が少ないから・・・』 と言っていたり、すぐに頭の回路が『人が少ないから・・・』につながっていませんか?

多くは、こんな感じでしょうか?

①忙しいから、こうすれば良いんじゃないの?と言ってその場しのぎの対策を立てそれをやろうとする。

②やっているうちに、その仕事はその場しのぎの対策なので、継続しがたく、やったり、やらなかったり・・・。

③そんな悪循環を埋めようと、人(職員)が居る時(余裕がある時)に何とか仕事を作り出す(増やす)。

④その仕事は日頃できないことなので良く見えてしまう。

⑤良く見えると継続しなくてはならい意識が勝手にうまれてしまい、忙しい時までやろうとしてしまう。

⑥忙しさに追われている介護現場は、『座る』ことに慣れていないので、ふとした時に時間の使い方がわからない。

⑦時間の使い方が分からないので、あの仕事(必要以上に作られた仕事)をしてしまう。

⑧その風景は他の職員からするといかにも仕事をしているように映ってしまう。

⑨その結果、業務的な余計な仕事が増え、ケアに関わる大事な仕事が立ち消えになったり・・・・。

⑩そしてまた、忙しいから、こうすれば良いんじゃないの?と言って・・・・・

こんな現場は大変ですね・・・
そして、すぐに頭の回路が『人が少ないから・・・』スイッチがONになり、
そして、そんな現場はすぐに 『人(職員)が少ないから・・・』 と言ったりします。

実はそんな介護現場は、人を増やしたらといって効率が上がると思っていることが多いのですが、実は人を増やしても気付かないうちに人が増えた分仕事を調整をしてしまっている事が多いのです。

では、どうすればよいのでしょうか?
分かりやすい例を役割分担から1つあげてみましょう!

日勤帯:利用者20名に対して職員が4~5名程度いる介護現場(利用者4~5人:職員1人)。
そこそこ職員が居る介護現場は利用者もそこそこの人数がいます。
そこで生まれるのが役割分担です。
役割分担が悪いと言っているのではありませんが、役割分担もしっかりと話し合っておかないと前述のような悪循環を招きます。
日勤帯:利用者10名に対して職員が2名程度の現場(利用者5人:職員1人)。
4~5人:1人です。仕事は減りません。役割分担もできません。しかし仕事はまわります。
なぜなんでしょう?
それは、
1人がいくつもマルチな活躍をしているからです。

では、何が違うのでしょうか?
1、整理整頓が出来ている。
2、その場しのぎの仕事をしていない。
簡単ですが、この2つ大事です。

1と2が出来ていると余計な役割分担は不要になります。そして整理整頓が出来ている(できる・クセついている)介護現場をもう一度前述①~⑩にははめ込んでみると、

①整理整頓が出来ているので、その場しのぎの対策を考えなくなります。
②整理整頓が出来ているので、些細なことも継続できる力を持つようになります。
③整理整頓が出来ているので、人が居るからと言って余計な仕事を作りだそうとはしません。
④整理整頓が出来ているので、そんな余計な仕事は良くは見えません
⑤整理整頓が出来ているので、忙しい時に余計な仕事はしません
⑥整理整頓が出来ているので、時間の使い方もわかります(次第に理解をしてきます)
⑦整理整頓が出来ているので、時間の使い方を理解しているから、良い仕事を作り出します。
⑧整理整頓が出来ているので、良い仕事はみんなから協力・賛同得やすく、『しているような感』はないです。
⑨整理整頓が出来ているので、ケアに関わる大事な仕事の立ち消えは無くなります。
⑩整理整頓が出来ている、だから、その場しのぎの対策は考えないのです。

いかがですか?
整理整頓が出来ているだけで!
これはほんの一例です。
目的に応じて色々な広がりを持つ事が出来ます。
色々な仕事の広がりを持てる事は、仕事の楽しさに繋がります。
楽しい仕事は計画を立てやすく、実施しやすいです。

もうお分かりだと思います!
介護職員さんは人に余裕がある時は必要以上の仕事をはじめますが、
時間の経過とともに本末転倒な仕事が増えいることに気付いていないことが多いのです。
その結果、人を増やしても効率はUPしませんし、また人を増やして欲しい・・・となるのです。

私(寿老人)ですか?
左手が痛い・・・・
まさに、猫の手も借りたいです・・・。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。