数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本が求められる・・・?
2015年01月14日 (水) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『 サブリーダー ・ リーダーさんにはマネジメント能力の前に基本が求められる 』です。
本日もブツブツつぶやきます。

最近は多いか少ないか私(寿老人)にははっきりわかりませんが・・・。
介護の現場で主任(リーダー)や副主任(サブリーダー)となる方は、どれくらいの経験で年齢層は何歳くらいの方がなるのでしょうか?そして現在何歳くらいの方が、現場の責任者として活躍されているのでしょうか?

色んな方がサブリーダーやリーダーとなり、頑張ってこられた姿を私(寿老人)もみてきました。
そんな中には、
『 この人はなぁ~ と思う人 』、
『 思いばかりが先 になる人 』、
『 かわらず人間関係に問題を生じる人 』、
『 口ばかりの人 』
『 自分が言うておくからや、自分がやるからという人 』
『 上層部に報告ばかりして、それでおしまいと思っている人 』
『 自分勝手な人 』
色々な人を見てきました。

もちろん ,『 出来る人 』 も見てきました.

何が違うのかと考えた時、共通している事を1つ発見しました。
それは、
介護職員として技術や理論の前に
『人として当たり前の事を最低限の基本としてそれを欠かさない人』
だったのです。
なんか難しく言ってしまいましたが、簡単に言い直すと
『 基本をしっかりやろうとする人 』
です。

基本と言っても
あいさつ、言葉遣い、敬う気持ち、等々色々あります。


昇進した新任サブリーダー、リーダーさんも初めは何をしたら良いのか迷いながらも懸命に職務を全うしようとします。
頑張っていたにも関わらず時間が経つと、「先輩サブリーダー・先輩リーダーさんはこんな感じだったよね」となり、いつしかマンネリ化してしまいます。

なぜ、『 出来る人 』 はそうならないのでしょうか?
それは、
『基本的なことは時間が経つにつれて曖昧になっていくことを知っている』
からなのです。
雑用の大切さも参考にしてください。クリックすると以前の記事が表示されます)。

できるサブリーダー ・ リーダーさんは
自分自身も含め基本を徹底的に意識し欠かさず実行されている、
基本が出来ないとみんなでケアの検討や業務改善ができない、
それらのことを知っているのです。

いかがですか?
自分の所属するサブリーダー、リーダーさんは?
自分が憧れている(目指している)職員さんは?
そして、こんな時代だからこそ基本が大切だと思いませんか?

私自身(寿老人)基本の見直しが必要かも・・・

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。