数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壁のある生活
2014年09月30日 (火) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、
『 「壁のある生活 」をヒントに利用者様の生活を客観的に捉え、具体的に根拠が見えるように支援する 』
です。
本日もブツブツつぶやきます。

利用者の多くは壁のある生活をされてきた方が多いと思います。
壁のある生活と言っても色々あると思いますが、寿老人が思い浮かぶ壁のある生活と言うと
『 田の字型の家 』 です。
『 田の字型の家 』というと、
北東の部屋は食事や団欒の空間 『だいどこ』
その南の部屋は主に客間として『でい』
でいの西側の部屋は格式が高いとも言われ『ざしき』
もっとも奥の北側(だいどこの西・ざしきの北)は主に寝室として『なんど』
と言ったものです。

そして、『 田の字型の家 』は、
・そこに(背中)壁があり
・家長及び誰がどこに座るかわ概ね決まっていて
・布や紙(ふすま等)に囲まれている
・家庭内の用事(年末年始・お盆・四季行事・スタイル等)等がおおむねどこの部屋で行われるか決められていた。

今の家はマンションや注文住宅が多くこういった『 田の字型の家 』は殆どないと思います。
ここで考えたいのが、介護施設の空間と認知症の方の生活です。

認知症の方は
場所が変わると落ち着きがなくなったり
見当識障害があったり
いくつもの情報を処理することが難しくなったり(お年寄りは情報と経験が豊富にあり過ぎて、胆略的に判断できない、と言う説も・・・)
色々な環境に影響され、その環境が増悪因子となってBPSDが発生したり
することがあります。
認知症の方にとって、
・その方に落ち着く場所はどのような場所か?
・その空間における位置はどこかベターなのか?
・洋式・和式・和洋折衷スタイルなのか?
・椅子やテーブルはどうか?
・背中の壁がある生活が落ち着くのか?
・音に対しての好みはあるのか?
・光に対しての好みはどうか?
・壁紙等音が吸収される素材はあるか?必要か?
・行事内容に応じて、適切な生活部分とリンクしながら利用できているか?
と考えると、
上記のように
利用者さまの生活スタイルを客観的に捉えて、
設え等で具体的に根拠が見えるように支援する
ことも考えてみるのも良いのではないでしょうか?

「この方にとってはこんな感じだから、これが好みじゃない?」

「この人はここが空いているからここで良いんじゃない」
とかやっていると
その人は、
認知症と言う病があるにもかかわらず、
頑張ってその環境に合わそうとして努力をしている結果、
徘徊と言われる行動が出たり、
暴言・暴行と言われる行動が出たり、
してしまい、
あげくの果てに
「この人はもう~、、、」
となってしまっているかもしれませんね!

もしも私達が認知症になり介護が必要になった時には、
○歳の頃にはマンションで○LDKに住んでいて

小さい時から様式生活で

電子機器(PC、スマホ)が必要で

アウトドア派・インドア派
等々
のアセスメントが必要かも

そして、認知症介護の方法も激変して、
あの頃(平成20年代半ば)はこんな介護しか・・・と言う時代もくるかも…ですね(^^;

僕(寿老人)ですか?
介護がひつようになったら
わがまま、気ままなのでかなりの事を要求するかも(^^;

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。




スポンサーサイト
今日も会議・・・
2014年09月25日 (木) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『 あぁ~ッ、今日も会議かぁ~、、、 』
です。
本日もブツブツつぶやきます。

日々介護の現場で忙しく追われていると、ついつい会議については億劫になってしまいます。
その会議の多くは、日勤帯が終ってから開催される場合が多いのではないでしょうか?

みんなが集まり、会議をおこなうにはかなりの労力と時間を要します。

会議前には、日勤帯の仕事もようやく終えた後で、夜勤者明けの職員は夕方から出てくるのです。
『 あぁ~ッ、今日も会議かぁ~、、、今日は何の会議やったっけ? 』

会議の最中には、 『 あてもなくとりとめのない話が続き・・・・・ 』

会議が終ると、 『あぁ~、終わった、終わった、今日も疲れたなぁ~、、、』

と言う状況が少なからずありませんか?

そこでこんな会議は如何でしょうか(^^;


会議の前
全ての会議の整理をしましょう!本当に必要な会議なのか?本当にやらなくてはいけないのか?定期的なのか?不定期なのか?会議をおこなう事で効果はあるのか?等々。こうして見ていくと、不必要な会議があります。それは開催しなくても良かった会議かもしれません。そして、定期的なのか、数か月おきで良いのか等も整理されます。これらが整理されると後は年間計画に入れれば良いだけで、必要な会議が計画的にできます。
どんな会議でも使用できる書式を決めておきましょう!会議の応じてあれも、これもと書式があると回覧する時にわからなくなります。
書式の内容は、日時、参加者等は当たり前に、会議の内容(〇〇会議)、報告事項、検討事項、その他(残された課題等)と最低これくらいあれば良いと思います。あとは必要に応じて。
報告事項は、担当者があらかじめ情報の収集をしてまとめておきましょう。
検討事項は、できるだけ具体的にしておきましょう。そして、会議の前にできるだけ具体的に参加者に伝え、意見を聞いておきましょう。できれば、この検討事項についてはあなたに発言をお願いします、とあらかじめ伝えておくのも良いかもしれませんね。

会議中は
おわる時間を決め、みんなで確認しましょう。
横道にそれないようにしましょう。介護に関する思いや曖昧な内容で横道にそれる事があります。一言「そうですね」や「ありがとう」等いやな気分にならないように添えて、本題にもどしましょう。
報告事項は淡々と報告していきましょう。
検討事項は、あらかじめ発言をお願いしていた人にお願いしましょう。
時間がきたら終わりましょう。
時間内にできなかった事は、その他残された課題として次回までの検討事項にしておき、それまでに意見を聞いてまとめておきましょう。

会議後
①あらかじめ決められた書式に報告事項・検討事項・残された課題を記録しましょう。
②回覧しましょう。自事業所の応じて。

最後に
会議は準備が7割と言われることもあります。上記文章を見ていただいても準備の内容が多いです。
一度お試しください。どこかで効果があらわれるかも


みんなの意見が出やすいようにすることには気をつかいましょう。
上記だけでも、
2時間かかっていた会議が30分になったり、
1時間かかっていた会議が40分になったり、
書式が統一され、見やすくなったり、
必要・不必要な会議が整理出来たり、
等々色々ありますよ(^^

なぜ、こんなクドクドお伝えするかっていわれますと…?
授業や介護福祉士の試験では、教えてくれないのです…。

そして最後に
『 あぁ~ッ、今日も会議かぁ~、、、今日は何の会議やったっけ? 』

『今日は○○会議か!』

『 あてもなくとりとめのない話が続き・・・・・ 』

『実情の応じた報告事項がこれ、検討事項はこれ!』

『あぁ~、終わった、終わった、今日も疲れたなぁ~、、、』

『最近、早く終るようになってきたよね』

となるかもしれません

僕(寿老人)ですか?
最近、疲れが溜まり、自分の予定もわからなくなってきています・・・・(^^;
はい。

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
介護現場の3ナイ(やれない・できない・やらない)・・・・・・・
2014年09月22日 (月) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、
『 介護現場の3ナイ(やれない・できない・やらない)理由の憶測禁止! 』
です。
本日もブツブツつぶやきます。

朝夕涼しくなって、少しは過ごしやすくなってきましたね。
みなさんいかがおすごしですか?

毎日毎日忙しい介護現場にいると、色々な気持ちがありながら、日々の業務に流されてしまうものです。
そして、「あれをしたいなぁ~」 「これをしたいなぁ~」 と思ってても、ついつい周りに気をつかってしまい、やりたいことがあっても先に「やれない理由」をみつけてしまいます。
これって、介護職員の性なのでしょうか?
本当に「やれない」のでしょうか?
理由はいくつかあると思います。

1、やりたい事があっても、あの人がこう言うからやれない・・・
2、やろうと思っても、だれもやった事がないからできない・・・
3、協力してもらえる人がいるのだろうか?と不安に思い、今のままで問題ないからやらない・・・

と言った感じの事が多いのではないでしょうか?
いかがですか?みなさんの現場では・・・
では、これをどのようにやっていけばよいのでしょう???

1、やりたいことをあげてみよう!いくつか、もしくはいくつもあがってくるかもしれません。現実的に無理をせず、やれそうなことからやってみる事にしましょう!(マトリックス図なんかを使うと客観的に見えてよいかもです)。

2、やりたい事があっても、だれもやった事がなければ、勇気をもってやってみよう!なぜなら、 『 誰もやった事がない事は前例がないという事なので、失敗事例がない 』 と言うことです。少しでもうまくいけばそれは小さな成功体験になり、自信につながります!そして、仮にうまくいかなかったとしても、 『 うまくいかなかった事があらたな発見 』 となります。その発見を振り返ることが大切です。どこが原因でうまくいかなかったのか、なぜうまくいかなかったのかがわかり、次のやりたい事へつながります。くどいようですが、 『うまくいかなかっても、それは前例がない事であれば、少なくても失敗ではない 』 と言うことです!

3、協力してもらえる人がいるのか心配な時は、あらかじめ根回しをしていきましょう!自分の 『 介護への熱い思い 』 は必ずわかってくれる人がいます!熱い思いの仲間を増やすのです!!急ぐ必要はないと思います。熱い思いは必ず感染・伝染します(^^)

3ナイ(やれない・できない・やらない)の憶測をして、日々モンモンとするよりも、やりたい事を具体的に思い浮べ、やっていく方が楽しくないですか(^^)

ここで孔子の言葉をご紹介します。
徳は孤ならず、必ず隣あり
孔子はこのように言われたそうです。
『 徳の備わっている人は孤立することはない。必ず仲間がいる! 』
ちなみに『徳』とは、『まっすぐな正直・素直な心で…』と言う意味があるそうです。

そうです!私達みんなのやりたい事は利用者さまのために色々考えている事、それが『徳』だとおもいませんか

僕(寿老人)ですか?
10代、20代の頃にもっと、 『 徳 』 を重ねておけば…と後悔をする毎日です

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ひやり・ハットを見直そう!
2014年09月07日 (日) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『ひやり・ハットを見直そう!』 です。
本日もブツブツつぶやきます。

ひやり・ハットは出す程よいと言われていますが、その内容は曖昧なものが多いのではないでしょうか?
特に対策のところ。
記入されている内容について、『気をつける』 『周知徹底する』 『コール指導する』等々・・・
認知症の方に対して『コール指導する』なんて記入されていた日には・・・みなさんはおわかりですよね!

寿老人が思うに、ひやり・ハットは、
『気付きが言語化され表現される。その積み重ねが利用者さま主体へとつながっていく』のではないかと考えます。

健康な人でも、ひやり・ハットする事があります。その多くは、自分自身の経験と勘で未然に防ぐことができ、繰り返す事が少ないと思います。
しかし、利用者さまは、加齢や病気(麻痺や認知症等)がその主な原因となって生じることが多く、経験と勘では未然に防ぐ事が難しくなっているのではないでしょうか。それに介護職員の行為(介助)が絡んで来ることも少なくはない、と思います。

では、どうしていけば良いのでしょうか?

『気付きを言語化し表現する』について考えてみます。

介護職員さんは記録を書く事が大切な仕事の1つでもあります。
しかし、曖昧な記録が多いのです。
『記録の書き方』なんて本も多く出版されています。それらも参考にするとよいと思います。
1冊読むのは大変です。

なので、
すごく簡単なんですが、
①気付きをよく観察(振り返り)し
②具体的にどんな場面で・そんな事が・どうあったのかを記録する
③測定可能なレベル(長さ・幅・高さ等々数値)で記録する
④繰り返す人は、単位当たりの発生率、行動の持続時間・きっかけ等のデータを取る(記録する)
⑤丁寧に面倒がらず5W1hで書く

これができれば、それに対して順に対策を考えると考えやすいです
そしてその積み重ねが大切になってくることは言うまでもありません

うまく機能していない場合は、指針やシステムから見直しをする事も必要かもしれません。
それは、また違う機会で触れてみたいと思います。

僕(寿老人)、最近、段のない平たんなところでつまづく事が多いです・・

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。



排泄委員会
2014年09月01日 (月) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へのご訪問ありがとうございます。

今日は、『排泄委員会、どうしていけば良いの~』 です。
本日もブツブツつぶやきます。

排泄委員会委員長さんからのご相談。
「寿老人さん、排泄委員会って何をやっていけば良いんですか?」

そうなんです。勘がするどい方はおわかりだと思います。
何をやっていけば良いのか、分からない事がわからないのです。

こんな経験ありませんか?

排泄委員会の活動は何となぁ~くしているけれど、
年度がかわれば、
メンバーかわり、メンバかわれば、
何をして良いのかわからない???
結局、何となぁ~く、前(前年度)と一緒でいいや、、、
1年間を振り返ると、
中身が薄い会議を2~3回、
良ければ、勉強会を年1回…

こんな状況だから
「排泄委員会って何をやっていけば良いんですか?」
になるんだと思います。

もちろん、相談をしてくださった職員さんが悪いのではないのです。
逆に、問題意識を持っている証拠だと思います。

じゃあどうして行けば良いんでしょう・・・・
今年度の排泄委員会委員の中には問題意識とやる気があります。
何とかなりそうです。

そこで、
「寿老人さん、排泄委員会って何をやっていけば良いんですか?」
から、
あらためて、排泄について現状を踏まえ、今後の方向性の検討をしてもらう事にしました。

①現状の振り返り、自分達の良いところ、強み、改善した方がよいところ、弱み
 を話し合うのです。事業所の理念を基に考える方がよいです。

②①を踏まえて今後どうして行きたいかをプラス思考で考えるのです。
 ①では自分達の良いところ・強み(意図的にプラス面)を入れています。
 そして、改善した方が良いところ(意図的に気付き)を入れています。
 もちろんどうして行きたいかを考えるので、自分達の弱みを出すことも必要
 です。
 『○○だから◎◎したい!』と言った感じに。

③②から今後の方向性を検討します。②と何が違うのかと言うと、
 ②は『~~したい!』なのです。
 これを「~~したいので、~~して行こう!」にするのです。
 これは、プラス面と気づき、自分達の弱みも含めてプラス思考で
 活動していくためです。
 「~~していこう!」となれば、頑張らないといけない内容が自然と入ってきま
 す。
 頑張らないといけない内容とは、自分達の弱み(今までできなかったこと)が
 プラス思考で出来るように、と言う意図も入っています。
 話し合いの中にファシリテーター的な人がいれば、さらに良いと思います。

④さて『○○したいので、△△していこう!』です。
 具体的に実行するには、具体的に活動(行動)できる範囲まで、具体的に
 言葉を落とし込みます。
 ◆◆を把握する
 □□を勉強する
 ☆☆を調べる
 ※※を数値化する
 等々です。

⑤④で出た内容だいたい月別に計画に落としていけば良いのです。

⑥もちろん1年間の活動でできるとは限りません。
 次年度に引き継いでいけば良いのです。
 事業所の理念を基にやっています。
 また職員さんの良いところ・強み等はあまりかわらないと思います。
 年度がかわれば、
 メンバーかわり、メンバかわれば、
 何をして良いのかわからない???
 結局、何となぁ~く、前(前年度)と一緒でいいや、、、
 1年間を振り返ると、
 中身が薄い会議を2~3回、
 良ければ、勉強会を年1回…
 ってことも少なくなるかもです(^^)

僕(寿老人)ですか…
最近、文章を短く表現することが苦手・・・・
何事にも 『 くどい… 』 とよく言われまます(^^;

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。