数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
認知症サポーターキャラバン
2014年08月26日 (火) | 編集 |
『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』 へのご訪問ありがとうございます。

今日のつぶやきは…
『認知症サポーターキャラバン 』 です。

今日もブツブツとつぶやきます。
最後までお付き合いよろしくお願いします。

早速ですが、
2004年12月。「痴呆」から「認知症」へと名称変更され、これを契機として「認知症を知り地域をつくる10か年」のキャンペーンがはじまったらしいです。

このキャンペーンは認知症を理解し、認知症の人や家族を温かく見守り、支援する認知症サポーターを1人でも増やし、認知症になっても安心して暮らせる町つくりを市民の手で展開するものだそうです。

キャラバンメイトは、認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法等を市民に伝える講師(キャラバンメイト)で、学んだ知識や体験等を地域、職域、学校などで市民に伝え、認知症サポーターを養成します。

厚生労働省は、認知症サポーターを平成26年度までに400万人、平成29年度まで末までに600万人を誕生させるという目標が掲げられているそうです。

是非、『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』にご訪問いただきました皆様におかれましては、
認知症サポーター養成講座を受けていただき、
そして、キャラバンメイト養成講座も受けていただければと思います。


認知症サポーターは誰でも(子供から大人まで)受講できます。

キャラバンメイトは、専門職の人だけがなれると思われがちですか、一般企業の方でも活躍されている方もいっぱいいらっしゃいます。

詳細は「認知症サポーターキャラバン」等で検索してみて下さい。


僕(寿老人)ですか?
まずは、所属する法人の全職員に認知症サポーターになっていただけるよう頑張っていきます!!

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。