数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
委員会活動の削減
2016年12月10日 (土) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『委員会活動の削減 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。


事業所ではいろいろな委員会活動があると思います。
思い浮かぶのが・・・・
排泄委員会
入浴委員会
食事委員会
行事委員会
身体拘束廃止委員会
リスクマネジメント委員会
広報委員会
感染症委員会
美化委員会
なんだか色々ですね。

年度末には事業計画を作成する前に事業報告を作成されると思います。
それまでの参考になればと思います。

振り返ってみると・・・・
「あれ、あれ、あれ・・・?何でこんなに委員会があるの?」
「あれ、あれ、あれ・・・?ほとんど活動してないのに・・・」


いろんな委員会を掛け持ちしている職員さんもいらっしゃると思います。
「も~ッ、忙しいのに!」
って声が聞こえてきそうです。

ほとんど活動していない委員会なんてなくせばよいのです。
効果のない委員会は特にです。
名前ばっかりの委員会も。
とりあえず、活動できないのなら施設基準等に照らし合わせて、最低限の委員会でよいのです。

これも本当に?という声が聞こえてきそうですが。

例えば、
一般企業は業績が悪化すると、採算の悪い部署は縮小もしくはなくなってしまいます。
で、業務をスリムにして、自社の得意分野に集中する。
すると、業績は上向きになってくる。
という事を聞きますよね。

それを施設に置き換えると、
そのまま委員間活動をしていると、サービス残業が増えたり、
経営者からもっと残業を減らして、といわれますよね!

これでは、職員さんは疲れるだけです。
それなら、機能していない委員会、会議だけの委員会等をスリム化もしくはなくしてしまえばよいのです。
サービス残業も減ります。

とりあえず基準は
①会議をしているか
②介護録はあるが、活動歴があるか
簡単ですが、まずはこの判断基準でかなり減ります。

余計な委員会がなくなると、絞られた委員会に集中すればよいのです。

絞られた委員会活動に集中できます。
事業所は出費が減ります。
職員さんはあれこれしなくてよいので余裕がでます。
余裕が出ると利用者さまに目が向きやすくなります。

ムリ ムダ が減り ムラ もへってくるかもです、はい。

寿老人ですか?
いつもブツブツ独り言を言いながら仕事をしています。
この独り言が仕事のムダなのかも・・・

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


スポンサーサイト
これがないと!そしてその後は・・・
2016年04月24日 (日) | 編集 |
いつも 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『これがないと、業務改善はできません。そしてその後は具体例を1つずつアップしていきます 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

業務改善という言葉は聞き飽きるくらいだと思います。
いつか?どこか?で話したかもしれませんが・・・
業務改善とケアの改善は違うということを前提につぶやきます。
業務と言うにはケアに関連する前工程(準備等)や後工程(後始末等)のことです。
ということは、
ケアの改善と業務の改善は一緒にしたら上手くいかないことは明らかです。

ケアの改善は介護過程が主になってくるのでしょうか?
ケアに関する色々な視点からの専門性も求められると思います。
寿老人のつぶやきではまだまだ不十分ですが
それぞれのカテゴリーを参考にして下さい。


では業務改善はどうしたら良いのかということですが・・・

まずは『 何でこの業務がこうなっているのか考える 』ということです。
他の職員さんに聞いてもほとんどの人が応えられません・・・
帰ってくる答えと言えば
『 前からそうだったし・・・ 』や
『 わたしが来たときには・・・ 』等々の応えが殆どで、

『 何とかしたくないですか? 』と聞くと
『 ・・・何とかしたいけど・・・ 』や
『 そうですね・・・ 』
と何か的を得ない応えが多く・・・

そのくせ 『業務が忙しい・・・』なのです。

なんかおかしくないですか?
そしてそんな経験ありませんか?

要は、業務というのはケアに関連する大事な前工程や後工程でなのに
職員さんは曖昧であるということです。
なので、
『ここはおかしいぞ!』
『ここは変えたほうがいいぞ』
おもうところは一度周りの職員さんに
『なんでこうなってるの?」
と聞いてみて変えたほうが良いのです。

しかしそこで押さえておきたいのは、ちゃんと根拠(理由)があるとこいことです!
根拠(理由)がないとまた曖昧になってきます。
そして、変えた事に関して後で検証できるようにちゃんとルールを作って守る仕組みを作るという事です。

まとめると!
1、『ここはおかしいぞ』と思うところは、一度周りの職員さんに聞いてみる
2、聞いてみて曖昧な応えが多いということは、その業務には曖昧であるということ
3、自分がその業務を変える時は、根拠を持つこと
4、変えた業務にはルールと仕組みをつくること
です。

そして、具体例を挙げていきます。

昨日は畑でしたが、
宿直明けでそのまま直行したため写真も撮れず、
そして急なにも会い、さんざんでした。
また畑仕事もアップしていきます。
ちなみに昨日は、トマト・なすび等夏野菜を植えてきました。


寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。






介護サービス事業所を選ぶ際に・・・④
2015年12月08日 (火) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『介護サービス事業所を選ぶ際に活用する簡単な判断基準 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

1回目は、
1:『 事業所に着いた時(見学前) 』についてお伝えしました。
2回目は、
2:『 事業所の見学時(ハード面) 』です。
3回目、
3:『 事業所の見学時(職員) 』です。

そして今日はいよいよ4回目(最終回)です。最終回は、
4:『 事業所見学時(利用者) 』です。
それでは、担当者に説明を受けながら施設内見学のはじまりです。

さて皆さんは担当者に連れられ事業所についた時の印象やハード面、
職員さんの様子を見ながら説明を受けています。
ここで、利用者の様子も見ていきましょう!

1、まずは印象です。
  利用者は印象として綺麗にされているでしょうか?これは大切ですね。

2、整容
  利用者さまはいつも整髪がされていているか。 最低限のことですね。
  これは誰が見てもすぐにわかります。これができないないということは、
  ケアがめちゃくちゃな証拠です。

3、目脂
  目脂(めやに)はついていませんか?自分で顔を洗う方はついていません。
  自分でできない方に目脂がついていると、やっぱりどうかな?って思います
  よね。

4、口まわり
  口回りはきれいか。食べたあとの汚れがついている場合があります。これは
  細かな配慮が出来ていない証拠です。食べた後は歯磨き(口腔ケア)を行い
  ます。口腔ケアを行っていたとしても、これに気付けないのは、他に気が回っ
  ていない(当たり前の配慮ができていない)ことになります。

5、服の様子
  着ている服の襟元はよれていませんか?肩の位置は服と合っています
  か?背中がめくれていませんか?服は腕のところでクルクルなって窮屈
  そうにしていませんか?ボタンはちゃんとついていますか?ズボンのスソ
  は膝まであがっていませんか?言い出せばキリがないですね。

6、服の汚れから
  服に目を凝らしてみましょう。食べかす等でよごれていません か?
  そして、目線を下へ。床は汚れていませんか?

7、ちゃんと座っているか
  普通ちゃんと座っていると思うかもしれませんが…。そうでもないことが…。
  上半身が斜めになっていませんか?お尻はずれていませんか?
  床に足はついていますか?机にうつ伏せになっていませんか?
  ソファーにすわってりるからといって、しんどそうに寝ていません?
  これらのことは全てそこの職員さんの気付きがないことが証明されてい
  ます。このような状況ですわっているのは非常につらい姿勢なのです。
  気付きが少ないうえに、人としてどうするかという最低限のことが、見落と
  されている可能性があります。

8、ポツンと1人でいないか
  1人が好きな方もいます。逆に1人が嫌いな方もいます。職員さんに聞い
  てみるのも良いかもしれません。その職員さんの反応をみて判断すること
  もできます。曖昧な返事であれば、1人で過ごす時間をちゃんとケアでき
  ていないということです。

9、体臭
  これはほとんどないと思いますが、これを感じることがあれば必ず聞いて
  みましょう!

10、そして、来客者(みなさん)に関心が向いているか
  利用者がしっかりそこで過ごされている場合は、ちゃんと来客者に関心が
  寄せられます。反応が少ない場合は、メリハリのある生活が出来ていな
  かったり、利用者個人の生活が捉えられていなかったり、ケアが漫然と
  されている可能性があります。よ~く観察してみましょう。

さて、ここまで4回にわたり事業所見学についてご紹介してきました。
利用する予定の方、利用している方、事業所の方、みなさんが参考にしてい
ただければと思います。

私(寿老人)ですか?
こんな事を言いながら反省反省また反省……
そして、前回より部屋の隅っこで小さくなっています………
小さくなっていく
                     今この辺りです。
そして、やっぱり一番小さくなってしまいました………


寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
介護サービス事業所を選ぶ際に・・・③
2015年11月25日 (水) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『介護サービス事業所を選ぶ際に活用する簡単な判断基準 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

1回目は、
1:『 事業所に着いた時(見学前) 』についてお伝えしました。

そして2回目は、
2:『 事業所の見学時(ハード面) 』です。

そして今日は3回目、
3:『 事業所の見学時(職員) 』です。

では、いよいよ担当者に説明を受けながら施設内見学のはじまりです。


①挨拶・声の高さ
 事業所見学に行くと必ず職員と出会います。挨拶が出来るかどうかは当たり
 前です。止まって挨拶できるかどうかも見てみましょう。そして、声の高さ。
 これも大切です。声の高さの使い分けが出来ているか。心地よい高さ、
 イラッっとする高さ等々色んな使い分けが必要です。

②笑顔・表情
 人を相手に仕事をするプロです。さらにそこに専門技術が伴います。笑顔で利
 用者と接しているか、職員の表情はどうか、これは学校ではなかなか教えて
 もらえない事です。声と笑顔は連動します。

③身なりと歩き方
 事業所によって制服のところもあれば私服のところもあると思います。それが
 よいか悪いかは別です。サービス業としては、制服・私服に限らずちゃんと身
 なり が整っているかが大切です。これは福祉に限ることではありませんね。
 そして歩き方。これはそこの事業所の質がすぐにあらわれます。ダルそうに歩
 いていても良いのか、忙しそうに歩いていれば良いのか、皆さんがどこかの店
 など に行くとわかりますよね。それと同じです。

④見学時の言い訳
 これは、直接案内してくれる職員さんのことです。色々と話をしながら見学を
 すすめていくと時々言い訳ともとれる内容の話が出てきます。「忙しくって…」
 「なかなかですねぇ…」「どうしても…」「やっぱりですね…」等々でてきたら要
 注意かもしれません。

⑤見学者の様子(本人・家族)を見てゆっくり案内できているか
 サービスを利用するのは家族ではありません。その人本人なのです。見学を
 しながら本人や家族の目線や関心が今どこに注がれているのだろうと察しな
 がら説明出来ているか、これは見学にいった本人や家族でしか感じることが
 できません。この目線と関心がミスマッチしていると感じるところはケアに関し
 てもミスマッチしている可能性があります。
 少し検討する事業所かもしれませんね。希望するサービスと実際受ける
 サービスとのミスマッチが生じる可能性が高いのかもしれません。

⑥介護職員の言葉に耳を傾ける①関連
 職員同士の会話に耳を傾けてみましょう。意識して耳を傾けてみると意外と
 聞こえてくるものです。そこには事業所の体質や本音が聞かれます。利用
 者に対する接し方や捉え方、利用者への言葉づかい等日頃と見えないとこ
 ろがそんな時にでます。①との関連します。声のトーンが周りに配慮できて
 いるのか。どこの店にいっても従業員の会話は度が過ぎると…ですよね。

⑦利用者との会話に耳を傾ける①関連
 職員と利用者との会話に耳を傾けてみましょう。指示命令口調ではないか、
 なれなれしい言葉遣いではないか、なれなれしくてもそこに利用者と職員の
 間にちゃんと礼節が保たれているかが大事です。
 そして利用者間との会話はあるかということにも耳を傾けてみましょう!

⑧傾いている(利用者)にすぐ駆けつけているか
 眠たくって椅子やソファーに座り身体が傾いている人がいます。それが心地
 良い眠りなのか、そうではないのかは見て分かります。机にうつ伏せになって
 いる方はあきらかに心地良い居眠りではないです。
 そこにすぐに何らかのケアが出来ているかどうかはそのこの事業所の質に
 大きく影響をしています。そうなんです!要はどれだけ利用者さまに気が向い
 て、どれだか気遣いができるか、そこが現れているのです。

⑨職員が座っているか
 職員が座っているか、これは大きなポイントですね。介護現場は忙しいイメー
 ジ があります。職員が座っている事業所は仕事をしていないのではなく、ど
 の利 用者がこの時間に何をしているのかを把握している可能性が高いので
 す。しかし、職員がただ怠慢に座っているところもあるので注意が必要です。
 その見極めは、座っている時の会話の内容と声のトーン・利用者顔、そうで
 す。 上記①②参考にしてください。ちゃんと話をしている時としていない時
 というのは介護現場に限らず。私たちが生活していると、ちゃんと聞いてい
 るのか、上の空なのか、すぐにわかりますよね!それと同じです。

⑩守秘義務と愛想がよいのとは違う
 「近くなんですけど…来られてる方いますか?」、
 「あぁ、いますよ、その辺りだどAさんとかBさんとか」
 「Aさんはボケてるんじゃないの?」
 「うちは大丈夫ですよ、Aさんみたいな方でも」
 「Bさんもいつも楽しそうにすごされてますよ」
 このように答える事業所は、もしかしたら自分自身のことも他の人に話している可能性がるということです。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
事業所にとっては耳の痛いところですが、それを謙虚に受け取ると、
自事業所の発展に役立つことは言うまでもないです。
どこができていないのか、どこができているのかもですね。

今日は『 事業所の見学時(職員) 』についてお話をしました。
次回は いよいよ最後、4:『 事業所見学時(利用者面) 』についてお伝えします。

私(寿老人)ですか?
こんな事を言いながら反省反省また反省……
そして、前回より部屋の隅っこで小さくなっています………
     小さくなっていく
今この辺りまで小さくなっています  ……

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


介護サービス事業所を選ぶ際に・・・②
2015年11月19日 (木) | 編集 |
本日も 『 はんなり介護 寿老人のつぶやき… 』へご訪問いただきありがとうございます。

今日は、『介護サービス事業所を選ぶ際に活用する簡単な判断基準 』です。
では、本日もブツブツつぶやきます。

前回は1:『 事業所に着いた時(見学前) 』についてお伝えしました。
今日はその2つめ
2:『 事業所見学時(ハード面) 』です。
さて、いよいよ利用予定の方・ご家族は事業所見学です。
見学の際は次の点について見学しましょう!

①フロア(生活空間)は整理整頓されているか
 これは大事ですね。生活空間はそこの事業所の利用者への配慮があから
 さまに表れます。なぜでしょうか?それは、自由にレイアウトできるからです。
 そして、整理整頓されているのか、雑然としているのか、というのも利用者
 にとってのケアに影響します。どこまで配慮されているかが問われるのです
 から!!
 
②綺麗に掃除されているか
 掃除がされていないところは、利用者さまへの配慮の欠如が疑われます。
 そして忙しさにおわれている可能性があります。忙しさにおわれているという
 ことは、ここでもケアの中身が問われているということです。

③掲示物は幼稚ではないか
 今までは、「ありがとうございます」と言いながら手を合わす方が多かったので
 す。その方々は戦前戦中戦後と私たちが想像できない苦労をされてきた方で
 す。本当に幼稚な掲示で良いのでしょうか。そしてがこれからは、一般にいう
 団塊の世代の方が利用をされます。そうなのです! 権利意識の高い方が利
 用されるのです。介護事業所は大人の集まりです。あなたならどうですか?
 あなたを育ててくれた親なら良いのでしょうか?よく考える必要があるのだと
 思います。

④臭いはないか
 これも大事ですね。臭いに配慮できている事業所はなぜか綺麗です。①②に
 関連します。見えないだけあって臭いからの快・不快は事業所で過ごすにあ
 たっては大切ですね。排泄介護への配慮もできていないということです。

⑤机・床はきれいか
 これは見えないところへの配慮にもなりますが、そこの事業所の介護の質が
 すごく問われます。要は机や床が汚いと食事会場がヘタクソということです。
 そして、床の汚れに気付けない事業所はほかの汚れにも気づけない可能性
 がおおいにあるということです。躾もできていない証拠ですね。

⑥車いす・椅子等の汚れはないか
 これは最悪ですね。車椅子や椅子によごれがあるということは、食事介護の
 専門性がない!ということです。事業所では栄養を考えたおいしい食事をだ
 しています、と言っても、介護を必要とする方への食事へのケアが考えられ
 ていないので汚れているのです。こぼしたりしている事も考えられます。

⑦洗面台等に水垢はついていないか
 これは盲点です。なかなか意識してみない部分ですね。しかし、使用時の
 事を考えて下さい。ホテル等で水垢がついているところは使いたくないで
 すよね。
 
⑧TVや棚にホコリはたまっていないか
 これも致命的ですよね。介護が必要になり、利用料金を支払って使用するとこ
 ろで、ホコリがたまっているのです。考えただけでも嫌ですよね。
 それと、ホコリがたまっているということは、利用者の環境を大切にしていない
 か、もしくは教育が出来ていない可能性が高いです。

⑨空調(温度・湿度)は適度か
 事業所によっては、経費節約と言いながら電気使用量(くうちょう等)をケチる
 ところがあります。事務方は経費節約、ほんの一部の看護職は利用者が脱
 水や風邪をひけばこんなこと(暑い・寒い)くらい介護職がちゃんとしていない
 から!と。そして介護職は…。そんなこともあるということを踏まえて見学して
 みましょう。

⑩居室(静養室)は整理整頓されているか
 生活する空間もしくは体調不良時等に身体を休める空間です。上記でお伝え
 したところも含めて確認しましょう!これができていないところは、利用者を大
 切にしていないもしくはケアは行き届いていない証拠です。

と、まぁ色々お伝えしましたが、要は当たり前のことが当たり前に出来ているか
どうかですよね!そしてこれらができていないところはケアにも疑問が生じると
いうことですよね。

今日は『 事業所の見学時(ハード面) 』についてお話をしました。
次回は『 事業所の見学時(職員面) 』についてお伝えします。

私(寿老人)ですか?
前回より部屋の隅っこで小さくなっています………

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。