数多くの現場改革の実績を持つ寿老人(じゅろうじん)が、食事・入浴・排泄・認知症介護から業務改善に至るまで、あらゆる内容に関して、具体的にわかりやすく、明日から使えるヒントなどを交えながら、つぶやく内容です。
たまにありがとう
2017年03月28日 (火) | 編集 |
介護現場にいると色々気づくことがあります。
今日はそんな中から
『たまにありがとうを言って下さる方のありがとうには意味がるのでは?』です。

同じ利用者さまに移乗介助や臥床介助、
その他色々な介助をした後、
利用者さまから『ありがとう』と言っていただける時と、そうではない時があります。

はじめはあまり気にならなっかたのですが…
日が経つにつれて気になりだしました。

「あれっ、この方はどんな時にありがとうと言って下さるのだろう・・・?」

そして、ちょっとずつ、ちょっとずつ、確信はないのですが・・・

介助の際、色々考えるのです。
その方の、この介助の時(前・中・後)の
生活動作の勝手
距離の取り方
手の添え方
順番
ここでは早く
ここではゆっくり
ここでは遅く
声のトーン
身体の置き場所
物の置き場所
介助の気遣い(言葉掛けやジェスチャー、スキンシップ等)
そして最後に、その時・その人だけの為の「もうひと手間」

何度か関わりを持たせていただいている中で
「おぉッ、今回は何かその方のペースと言うか、勝手と言うか、息があったと言うか、うまくいったんじゃない」って時があったのです。

そんな時に 『ありがとう』 といって下さるのです。

みなさんもそんな時ってないですか?
そんな時って「ありがとう」って言わせている訳じゃないんですが
何か嬉しいですよね。

多分その裏には、みんなが日頃勉強した事と
教科書には乗っていない何かが
一致した時ではないかなぁ~と思ったりします。

そんな 『ありがとう』 や
色々な 『ありがとう』 が1つでも増えると
良いですね。

明日からもまた色々な 『ありがとう』 が聞けるように頑張るのです。

私(寿老人)ですか?
職場では 『ありがとう』 の安売りで、あまり信用がないかも…
そして家では 『ありがとう』 をあまり言わないのでよく怒られます…
『ありがとう』 は難しい・・・

寿老人のつぶやき…
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト